歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ146

  • 鈴木歯科クリニックスタッフブログ
  • 院長ブログ
  • よろず相談所

最新のスタッフブログ記事一覧

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ146

今日のヘェーその421

自費診療の前歯は長持ちするの?そんなことありません!

前歯を治す時によく質問されることですが、「保険の被せ物
と自費の被せ物はどこが違うのですか?」と聞かれます。

違った角度の質問として「自費の被せ物の方が長持ちするの?」
という質問もあります。

どちらも患者様の聞きたいポイントは同じです。

「自費診療の歯は変色しません、ただ長持ちするかは手入れに
かかってきます。」と私は答えています。

一般に歯磨きやメンテナンスがおろそかになると歯周病になります。

装着した前歯ばかりに目がいきがちですが、奥歯が咬めないからという理由で前歯が壊れたり、外れたり、だめになったりします。

例えば、見えないと思って、奥歯を抜きっぱなしにしておきますと
前歯で咀嚼を始めてしまい、あっという間に前歯はグラグラし始めます。
(前歯は咬みきるためで、奥歯のように咀嚼するところではありません)

確かに自費診療に使用されるセラミックやジルコニアは
保険診療に使用される硬質レジンよりは強度があります。

ただ、単純な材質の強度比べだけでは「長持ちするの?」
という質問の答えにならないため、「手入れがすべて」と
答えています。

ただ治療の現場で痛感することが2つあります。

保険で製作する硬質レジンの前歯で固い物を咬みきろうとすると、白い硬質レジン部分が剥がれてしまい、裏打ちしている金属がむき出しに
なって審美性はなくなります。(金属とレジンは本来結合しないことが原因)

また、硬質レジンは水を吸い込みやすいため、変色の原因となり、2~3年で黄ばんできます。

ですので、審美性の違いは「はっきり違う」と言えますが、「長持ち
するか」は断言できません。

大切なことは保険だろうが自費だろうが、「手入れをマメにする事が長持ちに関係する」ということです。

皆さん、お気に入りの大事な壺だったら磨いたり、眺めたりしませんか?

歯についても同じ気持ちを持っていただきたいと思います。

当たり前と思うとおろそかになりがちですが、歯を大事にすることで
うまい物をなんでもバリバリ食べられる事が健康の秘訣だと信じています。

P.S
一生使える人工の物はこの世に存在しません。

今日のヘェーその424

上の前歯を装着する際に、下の前歯を削られた方へ。

かぶせ物をする際には、ある一定の厚みが必要になります。ですのでかぶせ物をする歯を大きく削り、その厚み分のスペースを確保します。

もし、この厚みがないと歯に装着するかぶせ物に穴があいたり、破れたりして不都合がでます。

スペース確保が難しい場合として、患者様の咬み合わせが上の前歯内側の歯と歯肉の境目に下の前歯の先端が咬みこんでいる場合です。

この部分はかぶせ物をするときに厚みを確保するために大きく削れない所です。

ですので、やむおえず反対側の歯の先端を削り、スペース確保をおこないます。

上の前歯が出っ歯になっており、裏側の歯肉を深く咬みこんでいる時には、矯正治療が必要となる場合もあります。

多くの場合、少しだけ削れば修正できますので、下の前歯先端を削る処置をおこないます。

患者様は上の歯をかぶせるのになぜ下の前歯先端を削るの?と疑問に思う方もおられると思います。

歯科医もやむおえずおこなう処置です。

もちろん、削った後は研磨をおこない、しみ止めの薬を塗ったり、コーティング処置をおこないます。

P.S
下の前歯の削る量がわずかだという事と、コーティングすることで不快な症状はほとんどでません。

今日のヘェーその425

健康寿命を意識してみませんか?

よく新聞やTVでは「平均寿命」については目にしますよね。男性が約80歳、女性が86歳です。(数値はざっくりとですが)

でも、この数字には健康な生活を営んでいる人だけではないんですよ。

不健康寿命と呼ばれる自由に日常生活が送れない方も含まれています。

男性で9年、女性で13年(ざっくりとした数値)になります。

ですから健康寿命(不自由なく健康に日常生活を送ることが可能な期間)は平均寿命から不健康寿命を引いた数値になり、男性で71歳、女性で73歳になります。

この数値は驚きですよね。まだまだ、70歳前半は第2の人生を謳歌していただきたい年代なのに。

不健康な期間が長いほど医療費や介護給付費の多くを消費する期間が増大することになります。

そんなことより、周りの家族の方が大変です。

そして1番重要なことは、介護が必要になったご本人が、周りの人に迷惑をかけているのではないかと気にしてしまうことです。

「たかが歯、されど歯」です。しっかり食事を食べて元気でいることは大切です。

診療をしていますと、歯がたくさん残っている高齢者は若く見えます。イキイキしています。笑顔をたくさん見せてくれます。

しっかり食べないと活力が出ません。会合でお友達との食事も億劫になります。1人での食事は楽しくありません。日常生活に意欲がなくなります。

歯は健康の源です。

人は健康でいる時には「健康でいるありがたさ」を感じません。病気になってから初めて知ります。

歯を大事にして元気で笑顔の毎日を過ごしませんか?

P.S
高齢の父を見て、健康でいるありがたさを強く思うようになりました。

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ145

今日のヘェーその419

気がつくと「咬みしめている」癖のある方へ。

集中していると無意識に奥歯で咬んでいたり、朝起きてみるとアゴがこわばり、疲れていたり、口がスムーズに開けられない方がおられます。(歯ぎしりをしているのではなく)

「咬みしめている」ことはよくありません。本来、上下の奥歯は口を閉じている時、咬みあっていません。

隙間が2mm程度空いています。ですので唇を閉めていても奥歯は当たっていないのです。

対処法ですが

日中起きている時であれば、自己暗示をかけて「奥歯では咬みしめない」と心に決めてしまうことです。

夜間であればマウスピースを装着して就寝することもありますが、1番簡単な方法は、日中と同じで自己暗示をかけて「咬まない」と決心することです。

口があかないとか、アゴが痛いなど症状があれば別ですが、「咬みしめることが、アゴや歯ひいては体の健康によくないから」という理由でマウスピースを装着することは注意が必要です。

特に夜間の装着です。

そもそも、痛くも痒くもないのに装着を続けられない。(邪魔だし、異物感が強いので、かえって寝れなくなる)

マウスピースの種類によっては効果がない。(マウスピースの多くは咬みわせの高さを上げる形式なので、全部の歯を覆う形式ですと、かえって咬みしめたくなります)

こういった場合、奥歯を空かせる形式のマウスピース装着が適当なのですが、長期の使用によって咬みわせの変化が起こり、咬みにくくなる。

マウスピース装着は短期的にはいいのですが、長期的な使用によっては咬み合わせの変化が起こりますの、まずはかかりつけ歯科医にご相談ください。

P.S
予防のためにマウスピース装着はオススメしません。まずは、はまり込んでしまう咬み合わせ(つい咬みしめたくなる原因となる歯)の調整をはずかにおこないます。

今日のヘェーその420

親知らずの歯を抜くか抜くまいか考えている方へ。

親知らずの歯に関しては「歯として機能しているか、将来、歯の移植用として使用を考えているか、今現在、親知らずの歯が歯周病や大きい虫歯になっているのか」というポイントで判断されるといいと思います。

まず、まっすぐに生えておらず、斜めや真横に生えており「咬んでいない」状態の時には、歯として機能しておりませんので抜歯の対象になります。

親知らずの歯がよく咬みあっており、小さい虫歯で簡単な処置で済む際には治す判断でいいと思います。

親知らずの歯はノド付近にあり、歯科医師の手が十分に入らないこともありますので、歯の神経を除去する正確な治療が必要になる時には抜歯を選択された方がよいと思います。

将来もしかしたら、インプラントの代わりになるかもしれないという期待や矯正治療で抜歯をすすめらたけど気が進まない時には様子をみます。

P.S
ズキズキ痛い、虫歯で歯が大きく穴があいている状態では患者様も歯科医も抜歯で異存はないと思います。

ただ、役に立ってはいないが、抜きたくないという患者様は多いと思います。(小さい虫歯や斜めに生えている歯などの場合)

最終的な意思決定は患者様が判断されることになります。

今日のヘェーその421

歯を削ると今まで感じていない不快な症状を感じることがある?

歯科検診で虫歯と言われ、しぶしぶ歯科医院へ受診されることがあると思います。

痛いとか腫れたなど患者様が自覚症状があれば、歯を削った後の不快症状は許せると思います。

ただ、痛くもなく、痒くもない?(痒いことはありませんが)歯を虫歯だと指摘され、歯を治した際に今まで感じていなかった症状がでることがあります。

その一つに「歯がしみる」ことがあります。

歯を削ると、レントゲンや目で見える範囲より大きく虫歯になっていますので、小さい穴でも実際はかなり削ることになります。

その場合、歯の中心にある「歯の神経」に接近していきますので、歯がしみる事態が起こります。

もちろん、処置後歯がしみないように2重、3重にコーティングをおこない、歯がしみないように保護するのですが、どのくらい大きく歯を削ったかということもポイントになります。

虫歯だと言われても、今までは症状がなかった訳ですから、治療後に歯がしみてしまい、飲食の際に痛い思いをされると、「治したはずなのに、なぜ歯がしみるんだ?」という不満になってしまいます。

多くの場合、歯科医師がよく言う言葉である「時間が経つと慣れますから」ということになります。

もちろん、慣れないこともあります。かえって、しみる程度も強く感じたり、歯が痛くなる事態もあります。

その際には、歯の神経をとる治療を再度行う必要があります。(2度手間になり、患者様には申し訳ないのですが)

P.S

私も同じような経験をしています。

友人に治療してもらった後、強く歯がしみてしまい、反対側でしか水を飲めなくなった経験を1年ほどしました。でもいつの間にか気にならなくなりました。

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ144

今日のヘェーその416

片側だけの入れ歯は装着しなくなる?

片側の奥歯を連続して2本以上抜歯をおこないますと、従来は入れ歯の選択でした。

最近ではインプラントがありますから、必ず入れ歯の選択をせずにすみます。

ただ、費用の面や「手術が怖い」ということで入れ歯を検討される患者様は少なくありません。

ただ、私の中では片側だけの入れ歯は基本的にはありえません。

それは、入れ歯の安定が悪く、「咬めない、外れる、痛い、バネをかけた歯に負担がかかる」などいいことが全くないからです。

基本的に入れ歯はカメラの三脚のように3点支持で成り立っており、片側だけの入れ歯は2点支持にしかなりません。

もし、カメラの三脚が2脚でしたら安定しませんよね。

特に多いのが1番奥の歯2本連続して抜歯して、入れ歯を選択した時です。

患者様にとっては、たった2本の抜歯ですから、片側の小さい入れ歯を装着すれば済むというイメージですよね。

でも、上記で説明したように「プカプカ、フアフア」という表現になりますが、入れ歯が不安定のために咬めない、痛くなるので外してしまい、患者様は引き出しにしまっておくことが多くなります。

その後は入れ歯がなくとも反対側でそこそこ咬めてしまいますので、引き出しにしまっといたことも忘れてしまいます。

もちろん、片側だけで咀嚼することは決していいことではありません。

必ず、過重な負担になってしまいますので、今度はその反対側の奥歯がダメになってしまうリスクが出てきます。

理想的にはインプラントです。

入れ歯での対処法としては、入れ歯は大きくなりますが、反対側にも入れ歯のバネを伸ばして、三脚のように3点支持をはかります。

入れ歯が大きくなることで患者様からは「舌感が悪発音しずらい、違和感が大きい」と不満がでますが、ただひたすら「慣れてください」というアドバイスになってしまいます。

今日のヘェーその417

歯をつなぐブリッジを装着して、最近変な臭いや味を感じる方へ

それは、ブリッジが外れかかっているサインです。

1本もしくは2本歯を抜歯した際には、ブリッジを装着することが多くあります。

抜歯した前後左右の歯を「橋渡しとする」ブリッジは、インプラントが一般的ではない時代には、よく用いられた治療方法です。

入れ歯と違って「出し入れ」がなく、装着したままなので自分の歯のように感じることができたからです。

ただ、ダミー部分では咬めておらず。「咬む」という意味では補助的な役割です。

1番の問題は過重な負担になってしまい、つないだ歯も将来的には抜歯になってしまうということが多いことです。

ブリッジのやり替えや歯がダメになる最初の現象として、片方が外れているにも関わらず、もう片方がついているため、外れていることに気がつかず、虫歯が進行してしまうことあります。

外れた時には、痛いとか歯がしみてきて、患者様は気が付くのではありませんか?とよく質問を受けます。

もちろん、歯の神経があるときには、何らかの症状を感じるので異常を感じて受診されます。

ただ、ブリッジにしている時のほとんどの場合が、すでに歯の神経を除去しているので、痛みなどの異常を感じないのです。

ブリッジが片方外れている最初の兆候として、「変な臭いや味がする」ことがあります。

「口の中を陰圧にして、チューチュー吸い込むようにすると、酸っぱいような変な味や臭いを感じます」とブリッジが外れた患者様はよくおっしゃいます。

これは少し外れかかったところから虫歯になり、その穴に細菌が繁殖してきたからです。

早めであれば再度ブリッジ製作できますが、気がつくのが遅くなりますと、抜歯にいたることになります。

歯が抜けた分の「咬む力」を支えきれないために起こる現象ですが、再製作してもまたどこかのタイミングで起きてきます。

P.S
インプラントがすべてとい言うつもりはありません。

ただ、入れ歯やブリッジは「あまり咬むない、他の歯にもさらなる負担をかける」と意味では真実です。

今日のヘェーその418

咬む回数を意識すると満腹感になる?

今日は私の話をさせてくださいね。

子供のころから早食い、大食いの私でした。そのせいか太りすぎになったことが今までの人生の中で2回あり、そのたびに大きなダイエットを2回行いました。

一回目は大学1年生の時で、見た目を気にしたからです。若かったんでカッコよくなりたい!と思ったんでしょうね。!(^^)!

二回目は3年前です。

この時は「寝ていても心臓が苦しくって起きてしまう、その経験を何度もしたので、怖くて寝れない」という状況になったからでした。

1回目、2回目も92キロぐらいありましたから「太りすぎ」だったと思います。

1回目は体を動かして(スポーツをガンガンにして)、食事をぐっと抑えてました。

2回目ですが歯科という対場からも考えたいと思い、「咀嚼回数」を意識しました。

もちろん、炭水化物ダイエットがベースにあり、野菜を最初に大目にとるということも意識していましたので、効果が「咀嚼回数」だけで出たとは申しません。

ただ、「咀嚼を意識する」ということは大切だということです。

私の場合食事の際には、20回から30回くらい口の中で咀嚼をして飲み込むようにしました。

口の中では粥状になります。

時間もかかりますので(早食いでないので)、満腹感も出て食べ過ぎなくなりました。もう少し食べたいという気持ちがなくなりました。

胃腸の調子もよくなり、朝起きると胃がもたれる感じも少なくなりました。

若い方だったり、胃腸の丈夫な方は「早食い、大食い」でも、体の調子に影響はないかもしれません。

でも、中年以降になりますと、食事のことにも気をつかうことはとても重要だと思います。

食事の面から体の健康を考えた時には、栄養のバラナンス、規則正しい食事、暴飲暴食をしないことに、「よく咀嚼する」ということを是非付け加えてくださいね。

p.s

今回は私の個人的な経験ですので参考になるかはわかりません。

よく頭に刺激になるので脳の活性化につながると言われていますが、忘れっぽい私ですので、その効果は?でしたよ。!(^^)!

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ143

今日のヘェーその413

上の前歯と下の前歯が先端どうしぴったり咬んでいる方は差し歯が欠けることがある?

人の咬み合わせはいろいろです。受け口の方もいれば、出っ歯の方もおられます。

1番多いのが上の前歯が少しだけ下の前歯より出ている方です。つまり、上の前歯の内側部分と下の前歯の先端で咬合することになります。

また、見かけは少しだけ受け口のように見える上下の前歯どうしが先端でかみ合っている方もおられます。

この上下の前歯の先端どうしが当たっている方で、レジン前装冠と呼ばれる保険の差し歯を装着している方は注意が必要になります。

レジン前装冠の表面は歯と同じような白い材質(レジン)を使用し、裏側の目立たないところは強度を保つ金属でできています。

通常の咬み合わせでは、前述したように下の前歯の先端で、上の前歯(差し歯)の金属部分である内側を咬みこみますから、壊れることはありません。

ところが、上下の前歯先端どうしで咬んでいる方で、レジン前装冠を装着している方は白い部分がチップしてかけたり、白い部分が崩落して、剥がれることがあります。

つまり、強度を補償する丈夫な金属部分で咬まず、白く外装している強度の弱いレジン部分でかみ合ってしまうために起こる現象です。

一度剥がれてしまいますと、再度つけてもすぐにとれてしまいます。これはもともと金属とレジン部分がつきにくいことが原因です。

運用の部分(気を使って)で硬いものを咬まないなど注意を払えば、必ず剥がれるというものではありません。

でも、人は大きく、硬いものを食いちぎるときには、無意識に強く咬んでしまいますので注意が必要です。

また、奥歯がない方も、前歯で咀嚼しますから同様に注意が必要です。

P.S
剥がれた部分を再着することは可能ですが、経験的には一度剥がれてしまいますと、また剥がれやすく、しかも上下の前歯先端どうしで咬合している方はそのリスクはさらに高くなります。

新しく作り替えたり、強度と見た目の両方を兼ね備えている材質のセラミック(自費診療)を選択する方法もあります。

今日のヘェーその414

総入れ歯が「パカッ」と外れる方へ

総入れ歯が外れるには訳があります。部分入れ歯は歯にバネをかけて押さえていますので、「パカッ」とは外れません。(その代りにバネをかけた歯には猛烈なストレスをかけてしまいますが。)

多くは歯を失った後の歯茎の部分と入れ歯が密着していないことが原因にあります。

それ以外にも咬み合わせが、がたついているなどもあります。

意外と多いのが「入れ歯が大きい」ということがあります。そして口元の筋肉の緊張が強い方です。

総入れ歯を装着している方は、早期に抜歯をしてしまい入れ歯をのせておく歯肉部分が大きく痩せている方が多くおられます。

歯肉の土手の部分が「平ら」になっており、しかも口を開けるしぐさをしますと、どうしても口元の筋肉が緊張して突っ張った感じになり、上の入れ歯の場合でも下の入れ歯の場合でも「パカッ」と外れてしまう事態になります。(特に下の入れ歯です)

歯科医は大きい入れ歯の方が安定が良いと考えていますが。口元の筋肉の緊張が強い方ですと、口を開けようとするとよけいにぶっかってしまい、外れてきてしまいます

ですので、そんな時にはできるだけ小さくして「パカッ」とはずれないように入れ歯の小さくする削る調整をおこないます。

患者様も大きい入れ歯よりも、違和感がなく自分の道具として受け入れやすくなります。

P.S
必要以上に入れ歯を小さくすればよいというものではありません。
「口元の緊張が強い方」や「入れ歯が必要以上に大きい方)という条件になります。

今日のヘェーその415

歯の根元にプラスチック(レジン)を詰めている方へ

歯の根元がクサビ上に歯が削れてしまうことがあります。

原因は諸説ありますが、

シャカシャカ音を立てて歯を磨く歯ブラシのし過ぎ(オーバーブラッシング)

咬み合わせが強いことで歯の付け根がチップする(アブフラクション)

健康のために飲んでいる酢やグレープフルーツジュースなどのすっぱい飲食を多くとること(酸蝕症)

などがあります。

削れてきますと爪などでひっかかり、気になってきます。

また、冷たいものなどが強くしみてくることもあります。

歯の根元の削れ方が本当に大きくなりますと、知らないうちに歯の神経が死んでしまい、腫れや痛みの原因になります。

ですので、プラスチックを詰めることを患者様の方から希望されたり、歯科医の方から詰めることを勧たりします。

でも、場合によってはプラスチックを詰めずに経過をみてもいいことがあります。

それはクサビ型に削れている量が小さく、症状も特にない時です。

詰めているプラスチックは時間の経過とともに変色を起すので見た目が悪くなったり、時には剥がれてしまう欠点があります。

何もしなくともいい場合がありますので、本当に詰める必要があるのか、かかりつけ歯科医と相談されることをオススメします。

P.S
患者様の中には「剥がれると虫歯が進行するかもしれない」と考えて、何度も詰め直しをしていることがあります。

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ142

今日のヘェーその410

奥歯の溝が黒くなっています。虫歯でしょうか?

口の中を鏡でふと見てみますと、奥歯の溝が黒くなっていることがあります。

全く気にされない方もいますし、虫歯をつくりたくない方はとても気になってしまいます。

その着色がどの程度虫歯として進んだものなのかが、ポイントになります。

患者様   「虫歯ですか?」という質問に対して、

歯科医師  「初期の虫歯です。」

患者様   「治療した方がいいですか?」

歯科医医師 「着色だけなら削らず、様子をみませんか?」

患者様 「でも、進行はしないのですか?」

歯科医師 「進行するリスクはありますし、いつ進行するかもわかりません。ただ今現在では処置をおこなうほどではありません」

という返答になります。

一般に、歯の表面にはエナメル質と呼ばれる鎧のような硬い第1層部分があり虫歯から守ってくれています。

虫歯が進みますと、そこを突き抜けてしまい、第2層である象牙質に及びます。

象牙質は柔らかい組織のために、虫歯の進行は早く、歯の中で穴になっていきます。

そうしますと、エナメル質の薄い外壁だけが残り、その下では空洞ですので、咬む力によって崩され、「虫歯の穴」となり、ようやく虫歯の存在に患者様は気が付きます。

最初の質問に対しては、見る(視診)ことをおこない、虫歯の進行がないないようでしたらソフトレーザー(虫歯測定器のようなもの)で進行の度合いを確認します。

進行しているようでしたら、レントゲン撮影をおこない、さらに確認をおこないます。

そこで削る治療に進むか、経過観察にするかを決めます。

また、他に考慮するものとして年齢的な要素もあります。

成人の歯の場合には、着色だけなら経過観察しますが、永久歯への交換期だったり、間食の多い育ちざかりの小中高生はシーラントと呼ばれるコーティング剤を歯の溝に塗る方法をとります。

着色程度であれば出来るだけ削らないということです。

P.S
定期的メンテナンスを受けている方は、本当に歯を削る必要があるかを慎重に決めます。(虫歯のリスクが少ない方ですので)

今日のヘェーその411

ブリッジする時には、抜歯してからしばしお待ちくださいね。

抜歯をした後にブリッジと呼ばれる歯と歯をつなぐ形式にする時ですが、急がないでください。

前歯の時には特にです。

抜歯をした際には抜歯直後と抜歯してしばらく経過した後では歯肉状態は違ってきます。

抜歯後の歯肉の状態がへこんでくるからです。

ですので、見た目があるので歯や早めに装着したい気持ちはよくわかるのですが、2か月から3か月待ってから最終的な型取りをして、装着することをオススメします。

もちろん、その間は仮の歯を装着していただくことになります。壊れやすく、外れやすい仮の歯ですが、ぐっと我慢していただきたいと思います。

硬いものをを咬むのを控え、ガムなど歯につきやすい食べ物も注意が必要です。また歯の間に挟まった食べかすも爪楊枝でぐりぐりほじってしまうと簡単にとれてしまいます。

もちろん、抜歯してすぐにブリッジを再作することもできますが、抜歯をおこなったダミー部分(偽の歯)と歯肉との間には隙間が出てきて、発音時の音漏れや食べかすがつまりやすい事態も起こりえます。

前歯が壊れたり、外れる事態を考えますと、不安になるかもしれませんが、装着後の不具合を考えていただき、2~3か月お待ちにお待ちになっていただきたいと思います。

今日のヘェーその412

真ん中の前歯では、ブリッジとして2本の歯だけでは支えきれないことがある。

インプラントが定着していない時代には、歯を失った際によく用いられた治療方法にブリッジがありました。

文字通りに「歯と歯をつなぎ、橋渡しをする」といったものです

奥歯や前歯にも利用できる簡便な方法ですが、歯をつなぐ片方がありませんと利用できない方法です。

例えば1番奥の歯を抜歯してしまいますと、つなぐことができませんのでブリッジはできなくなります。

また、ブリッジは歯を連続して3本失った際には、原則利用ができません。もしできたとしてもオススメしません。

それは、偽物の歯(ダミー)部分の距離が長くなるとしなってしまい、脱離したり、支えになっている歯がダメになるリスクが高いからです。

真ん中の前歯2本失った時には、左右2本ずつ計4本で2本分の偽物の歯(ダミー)を支えます。

患者様に「2本だったら、つなぐのも2本でいいじゃないか」と言われたこともありますが、「しなり」、「強度」の観点から6本分ブリッジになります。

イメージとしては長い割りばしの上に力をかけた時に、割りばしの長さが長くなるほど割れやすいという例えになります。

歯を失った際に用いられる方法として、インプラントが定着してきましたが、「前歯の審美性の難しさ」や「インプラント治療を希望しない人」「骨のボリューム不足」のためブリッジ治療を望まれる方はいらっしゃいます。

ブリッジの欠点は外れやすい、支えになる歯がダメになりやすいという他に、つなげるために、虫歯でもない、きれいな歯を削る必要があるかもという最大の弱点があります。

p.s
奥歯のブリッジは物を咀嚼する強い力を負担しきれなかったり、歯ブラシが届きにくいという理由で清掃不良になりやすく、その結果、支える歯がダメになりさらなる抜歯になることが多いなと感じています。

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は鈴木歯科クリニックにご相談ください。

虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・入れ歯などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒990-2445 山形県山形市南栄町1-3-33
TEL:0120-68-1855
診療時間:
午前-----9:00〜12:30
午後-----14:00〜18:45(土曜日は17:00まで )
休診日:木曜午後・日・祝日
駐車場有

1 / 612345...最後 »
ページトップへ