求人バナー1.png

   

ぴったりした総入れ歯を手に入れるためには

総入れ歯で痛くなく使用するには、噛み合わせをずれないようにしなければなりません。多くの場合あわない入れ歯を使用しつづけ、その結果噛みあわせはずれていきます。

もともと上あごの総入れ歯は吸着しやすく、落ちてくるということは少ないのですが、下あごに入れる総入れ歯は舌があるため安定させることが難しく、入れ歯の内面と粘膜との間に「ずれ」が起きてしまい、それが痛みの原因になります。

また天然歯に比べて入れ歯での咀嚼は唾液を多く分泌させることが難しくなります。実は唾液は入れ歯の潤滑剤のようなものなのです。

どうしたら痛くなくよく噛めるようになるのか?
総入れ歯の合わない方にお口を開けてもらうと舌の後退をよく見受けられます。このことは口に入れ歯を入れているのが苦痛なのだと思います。どてがやせ細って入れ歯を安定させることが難しい時にも同じことが起こります。

実際に入れ歯を製作するときは上あご、下あごの「型」をしっかり採り、口にいれて異物感を感じさせず、邪魔にならない程度に入れ歯の大きさを決め、噛み合わせの位置も無理のないように決めてあげると舌は入れ歯を邪魔者扱いせず、かえって舌は下あごの総入れ歯を押さえつけて安定させようとします。その結果「ずれ」が生じないためよく噛めるようになります。

動画でご覧いただけます。クリックしてください。

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック