bnr_recruit (1).jpg

   

見えなかったことで気づかなかったこと

歯科治療において「目」はすべてについて必要不可欠のものです。

今までの治療内容をマイクロスコープによって確認すると愕然とすることがわかりました。現在根管治療、CR治療に使用しておりますが将来的にはすべてのケースに使用していきたいと思います。

衛生士は3倍の拡大鏡を使用して、スケーリングやSRPをしており、簡便さでは3倍の拡大鏡に優位性があるのですが、明るさや拡大率などはマイクロスコープ使用の方が優れています。

治らなかった根管治療は実は歯根破折をおこし、本来は抜歯すべきことがわかったり、またCR処置も精度があがり審美的な治療が可能となります。

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック