bnr_recruit (1).jpg

   

前歯を治した後のブラッシング方法

前歯をやむをえずかぶせる形で治した時にはブラッシングの方法を変えていただきたいと思っています。

従来バス法とよばれる歯間空隙に45度の角度で歯ブラシの先端をあてがい、左右に小刻みに動かす方法を鈴木歯科クリニックでは推奨してきました。プラークも取れやすく、何といっても虫歯や歯周病になりやすい歯の間の部分が清潔になるのでリスクを回避できるからです。

ただジルコニアなどかぶせる形で治した時には、同じようにみがいてしうと歯ぐきがさがり、せっかくきれいに治した界面部分がみえてしまい、審美性が悪くなってしまいます。現象としては差し歯部分の歯ぐき付け根が黒っぽく見えることです。差し歯のベース部分になる金属が光の加減でそう見えるからです。露出したまま年数がたつと虫歯にもなりやすくなります。

バス法などの横磨きになるとどうしてもブラッシング時の圧力が強くなりがちになります。普段、患者様にブラッシングの時は「シャカ、シャカ」音はたてないように磨いてくださいとお伝えしています。これは歯肉は柔らかい組織のため強い刺激により、押し下げてしまうからです。また歯の間に隙間があくことが気になる方は歯間ブラシも避けたほうがよいかもしれません。

かぶせる形で修復した前歯でのブラッシング方法として、ローリング法と呼ばれる歯肉の上方向から歯の先端方向へゆっくり手首を返すように磨く方法を鈴木歯科クリニックではお勧めしています。これは歯肉が柔らかい組織のため伸ばす方向に力をかけてやるということです。この方法は昔のCMでは一般的な磨き方としてよく勧められていましたが、プラークの除去率が悪いため、バス法やスクラビング法にかわってきました。ローリング法は「歯ぐきを下げない」という意味では必要なブラッシング方法になります。また歯の間は押し下げてしまう力になるので、歯間ブラシよりデンタルフロスのような糸で丁寧に歯の間をこすり取ります。

やり方としては面倒ですが、せっかく治してきれいになった前歯を維持するにはやむおえないと思います。またできれば定期的な歯科医院でのクリーニングも受けていただきたいと思います。これは、虫歯菌はブラッシングでは除去しにくいことや歯周病予防のため歯ぐきの中の清掃をPMTCと呼ばれる方法で行うためです。

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック