bnr_recruit (1).jpg

   

土台(コア)を白くする

現在審美歯科といわれる分野が注目を浴びています。その中でも前歯に関わる「白さ」がやはり1番かもしれません。以前のようにただ金属色を出さなければ良いということではなく、いかに自然な透明感のある歯を製作していくかというように進歩してきました。

その中でもジルコニアという材料を用いると十分な強度があるため、従来のように金属で補強したうえに白い材料を貼り付けるということをせずに済むようになりました。これによりせっかく白くしたのに裏側にある金属の色が光の加減によってグレーの色になり自然観が出にくい結果になりました。ジルコニアはある意味「白い金属」のため強度が十分あるため歯の自然な状態を再現しやすくなりました。

ただ歯の神経を除去した時に用いられるコアと呼ばれる歯の土台になる部分も、金属の使用を避ける必要がでできます。それはファイバーを併用したレジンコアというものです。もともとレジンは前歯の小さい虫歯につめるという時に使用されるもので、歯の色に近いため「色を表現」するには適しています。

ファイバーはレジンを補強すると同時に、天然の歯と同じような「しなり」も持っているため、金属で使用した際に起こる歯根破折という抜歯につながる原因を避ける特徴があります。この2つがレジンコアの利点になります。歯科医師が直接ファイバーコアを接着し、形を整え、型をとり、歯科技工士に製作依頼という順番で完成になります。

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック