bnr_recruit (1).jpg

   

入れ歯の設計図

入れ歯(義歯)の設計図とは何?と思われる方も多いかと思います。これは歯が残っている部分入れ歯製作にあたって重要な部分になります。

患者様から入れ歯(義歯)で困っている事として、よく聞くことは

@痛くて咬めない
Aゆるくて(義歯)が落ちてくるまたは咬むと外れる
B違和感(口の中で大きく感じる)が強い
C発音がしずらい(とくにサ行)
D痛くはないが咬みにくい


などがあります。

上記の事を避けるために「入れ歯(義歯)の設計図」があります。

歯がどの位置に残っていて、どれくらいしっかりしているか、咬む力をうけるクラスプというバネをどこにかけるか?材質はどういものを使用するか、大きさをどのくらいにするか、壊れたときに修理しやすいように工夫をほどこしておくのか、などを総合的に判断して入れ歯の外形を決めていくことを「入れ歯(義歯)の設計」といいます。

そもそも入れ歯(義歯)は歯のない歯ぐきで咬むことになります。咬む力はとても強く、自分の指の腹をそっと咬んでも痛いくらいです。その力を入れ歯(義歯)の歯ぐき部分で受け止めるので、できれば残った歯に力を負担させた方が痛みが出にくくなります。ただ歯は横揺れの力に弱いので、できれば咬む力と同じ垂直方向に咬合力をかけていきたいのです。

またクラスプと呼ばれるバネによって外れないようなりますので、残ったどの歯にバネをかけると目立つことなく、しかも咬む力を十分に受け止めて、入れ歯が(義歯)外れないようにするかということに配慮します。

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック