求人バナー1.png

   

インプラント利用した入れ歯

一般に入れ歯装着がどうしても苦手な方がインプラント治療を望まれることが多いと思います。

 

入れ歯、特に総入れ歯やはの本数が少なくなりますとクラスプと呼ばれるバネをかけることが困難になります。つまり入れ歯の安定が損なわれ、入れ歯のずれがおきてしまい、歯肉に傷ができて痛みになります。

 

インプラント治療を入れ歯の代わりととらえるだけではなく、応用することで入れ歯の安定が図れ、使用満足度が飛躍的上がります。

 

インプラントを入れ歯に応用すること最大のメリット

1、入れ歯の安定がインプラントで止めることで痛みの軽減、しっかり咬める

2、インプラント本数を少なくできるので予算的にも有利

3、将来入れ歯形式ではなく、取り外しの不要なブリッジ形式に切り替えが可能

 

1番入れ歯の安定が問題のなるのはやはり総入れ歯のの時です。

理想的には上アゴに4本、下アゴには2〜4本インプラントの埋入が望まれます。

また「ホック式」と呼ばれるボタンのようにぱちんと収まることで入れ歯を安定さ

せます。

 

インプラントは横からの力に弱いですので、従来の入れ歯のクラスプのように

バネをかけてはいけません。力の支点を低くし、強い力がかかった時には、

入れ歯が外れるようにしておく必要があります。

 インプラント

 

 

 

 

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック