bnr_recruit (1).jpg

   

審美歯科・・歯の土台から再製するときの注意点

最近、地元山形でも審美歯科治療に対する関心は高まっていると思います。現在お口の中に入っている差し歯が黄ばんでいるので、これからは白く、変色を起こさない歯を手に入れたいと希望する方は多くなってきました。

現在装着している差し歯を交換することにあたって重要な注意点があります。

交換にあたっては、装着中の差し歯を外します。そうしますとコアと呼ばれる金属製の土台が埋め込まれていることがほとんどです。これは差し歯の多くは歯の神経をとるという歯根治療をおこなっているためです。

歯の神経をとると脆くなり、歯が折れたり割れたりしないように「補強のための土台」が歯根の中に埋め込む必要があるからです。

再治療の際には、この「土台」も交換する必要があるのか?ということです。以前製作されていた土台は強度の面から金属製でした。しかし審美歯科では、ジルコニアやオールセラミックは金属を使用していませんので、金属製の土台は除去しなければなりません。

歯を白くするのになぜ、土台までも交換しなければならないのかと思うかもしれません。それはジルコニアやオールセラミックの場合、白く、透明感がありますので、中にある「土台」の金属色を反映してしまうからです。

例えて言えば「黒いT−シャツの上に白いY-シャツを着ると透けてグレー色に見える」ということです。ですから土台もファイバーコアという白い土台にする必要があります。

簡単に外せるときには外してファイバーコア(白)に変更します。ただ太く、長い土台が歯根の中に埋め込まれているときには除去が難しく、かえって歯の破折になりますので無理をしないということです。

その際には従来のメタルボンドといわれるセラミックの下地に金属を使用したしたものを使います。腕のいい歯科技工士に製作を依頼して、歯の色に徹底的にこだわりますとジルコニアやオールセラミックに遜色のない透明感のある自然な歯に仕上げることができます。

これからの時代は壊れない丈夫な「白い歯」というだけではなく、「白く透明感のある自然な歯」も同時に手に入れることが可能です。

ただ欠点として、やり替える場合には再治療になるため、歯を削りすぎてしまうということです。残った歯の厚み、長さ、強度を考え、ファイバーコアに変更してジルコニアやオールセラミックにすべきか、今ある金属製の土台を利用して色にこだわったメタルボンドを製作するかの判断が必要になります。

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック