bnr_recruit (1).jpg

   

すべては歯科技工士、歯科衛生士、歯科医師の共同作業です

様々な歯科治療を数多く手掛けるようになって気がついたことがあります。それは患者様も歯科医師も満足する治療結果は歯科技工士、歯科衛生士、歯科医師の共同作業であるということです。

 

患者様が虫歯を主訴に来院された時には歯科医師は虫歯を治します。その際には技工物と呼ばれる歯に装着するものを歯科技工士が製作します。

 

歯周病を主訴に来院された場合には歯科衛生士が主となって歯石の除去やブラッシング仕方などお口の中のケアに関することを一手に引き受けます。

 

また近年では「予防歯科」がとても重要になってきましたから、3か月に1回のメンテナンスもとても重要です。(鈴木歯科クリニックでは顕微鏡での患者様のお口の細菌を処置前、処置後と動画にして録画して見ていただいています。)メンテナンスによって虫歯菌や歯周病菌を除菌してリスクを下げます。

 

審美歯科ではただ歯を白くするというのではなく、ご自身の歯にいかにマッチさせるか、またはコスメチックに歯を白くしていくかということも話題になっています。この部分は製作する歯科技工士の腕によります。

 

歯科医師も虫歯を正確に除去する、歯根治療を痛くなくする、歯型を正確にとるという作業を精密に行わなければなりません。ある意味歯科医師が担う部分は下ごしらえの所かもしれません。

 

歯科技工士。歯科衛生士、歯科医師の3方が力を出し切っての歯科治療なのだということです。

 

これからは虫歯を治すだけでは不十分です。虫歯や歯周病をしっかり治すということ(歯科医師)、ただ銀歯だけではなく、自然の歯と同じような白い透明感のある歯であること(歯科技工士)、そして治した歯をもう1度治さなくともいいようにしっかり予防すること(歯科衛生士)、が1番です。

 

 

 

 

 

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック