bnr_recruit (1).jpg

   

総入れ歯にインプラント利用して痛みをなくする

下アゴに利用した「フック式インプラント併用下総義歯」

患者様や歯科医師を苦しめる入れ歯として総入れ歯があります。特に下アゴの総入れ歯です。下の総入れ歯の難しさは歯科医師の誰もが認めることです。なぜ難しいのか?それは入れ歯を動かないようにする歯が残っていないということです。また舌があるので舌の動きとともに入れ歯が持ち上がるような動きをするからです。

ですから咀嚼をすると入れ歯が動いてしまい、擦れて歯肉に傷を作り、痛いことにつながります。

歯がまったくない総入れ歯が、歯にバネをかける部分入れ歯と決定的に違うところです。総義歯製作の場合には、いかに入れ歯と患者様のお口の状態とをぴったり合わせることができるかということが歯科医師に求められてきました。

 ただ、名人と呼ばれる歯科医師が患者様の上アゴ、下アゴの状態によっては「ずれ動く入れ歯の痛み」を軽減できないのも事実です。アゴの骨が痩せてしまうと「咀嚼時の入れ歯の横揺れ」がたくさん起きます。お皿のように平らになったアゴでは入れ歯は動いてしまうのです。

また歯肉の厚みも問題になることがあります。アゴの骨の上に薄い歯肉しか残っていませんと、咬合力によって歯肉というクッションを利用できず、痛みにつながります。

以上のことより

1、入れ歯を動かないように止めておく必要
2、咬む力を受け止める支えが必要

 この2つを考慮して、インプラントを利用した「フック式インプラント併用総入れ歯」 があります。フック式というのは、「ボタン」のようにパチンとはめ込むようにして入れ歯とアゴを止めておくことです。また咬む力に対抗するストッパーとしての役割もあります。入れ歯が咬合力によって歯肉に食い込むことを防ぎます。

また、横揺れなどインプラントに負担をかけるような過重な咬合力がかかりますと、入れ歯が外れるセーフティも働きます。

せっかくインプラントを利用するならば、ブリッジにして入れ歯でない状態が1番だと思いますが、「インプラントの埋め込む骨のボリュームがない」とか「インプラントの本数が多くなると予算が多くなる」ということで入れ歯形式を希望される方が該当します。

下アゴの場合、最低2本必要になりますが、可能であれば4本インプラントを埋入して入れ歯に併用することで、快適に咀嚼をおこない、長年苦しめられた痛みから解放されます。

もちろん上アゴにも利用できます。上の総入れ歯は、通常口蓋を覆わないと入れ歯は落ちます。患者様によっては嘔吐反射という吐き気が出てくるので、吐き気を防ぐために必要以上に入れ歯を小さくして、落ちてよく咬めない事態になります。フック式インプラント併用総入れ歯により、 口蓋部分をくりぬくことが可能になるため、発音しやすい、味わいがよくなる、装着感が抜群に上がるということにつながります。

1番のポイントはインプラントを埋め込む必要がありますので、「骨のボリューム」がしっかり残っているかということです。

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック