bnr_recruit (1).jpg

   

歯の大切さがやっとわかりました!

◆40代女性 インタビューさせていただきました。

今回思い切って前歯に近い歯をオールセラミックの歯で治療されました。

杉沢 Q.今までは保険治療でしたが、今回思い切ってジルコニアで治療しようと思ったきっかけは何でしたか?

Sさん 「今回虫歯になってしまい、治療すると保険治療では全体銀歯になると説明を受けました。

前歯に近く、笑った時に見えるところだったので、この機会にしっかり治療して白い歯にしようと思いました。

ここ1、2年から歯のクリーニングを定期的に行い始め、メンテナンスを通じてこの歳になってやっと歯の大切さがやっとわかりました。

今までは保険治療で治していましたが、前歯のさし歯の黄ばみや見えるところの銀歯も白い物に交換して行きたいなと思っていたので良いきっかけになりました。

メンテナンスをしていて治療が必要な時がきたら、少しずつ治していこうと思っています。」


杉沢 Q、実際に白いさし歯を入れてみて感想をお願いします。

Sさん 「写真で見てみると、自分の歯よりも白くで綺麗なことにビックリしました。こんなに綺麗なら10〜20年前にしておけば良かったです。舌触りも自分の歯よりもツルツルしていますね。」


杉沢 「保険のさし歯や銀歯と違い、セラミックはツルツルしているため歯磨きしなくても汚れがほとんど付きません。そのため綺麗さを持続できますし、歯よりも丈夫なため長持ちします。

歯磨きの仕方も通常なら横にゴシゴシしますが、力をいれず上下にささっと磨く程度でOKです。そのほうが歯ぐきが下がらず、見た目も維持できますよ。」

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック