bnr_recruit (1).jpg

   

フェイスブック【歯科よろず相談所・・・今日のヘェーその210】

【歯科よろず相談所・・・今日のヘェーその210】

 

ぽかーんと口元が開いているお子様をお持ちのお母さんへ

 

口元の筋肉が緩んでいますと、口を閉めることができません。

 

口が開いていますと、もちろん口の粘膜が乾いてしまいます。

 

ドライアイは乾くとゴロゴロして不快症状や痛みにつながりますが、口の中は症状が出にくいです。

 

粘膜は乾くと免疫も落ちます。(風邪をひきやすいなど)

 

また歯列不正による様々な影響も考えれます。(例えば姿勢や、発音、持続力の低下など)

 

まずは簡単にできる「口を閉める」意識をしましょう。それでも足りなければ口を閉めるトレーニング方法もあります。

 

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック