bnr_recruit (1).jpg

   

アラビアンナイト【歯科よろず相談所・・・今日のヘェーその218】

【歯科よろず相談所・・・今日のヘェーその218】

 

食後のブラッシングをされている方へ

 

プラークと呼ばれる虫歯菌や歯周病菌は夜寝ている間に増殖します。

 

ですので、効果的なブラッシングは夜寝る前と朝起きてすぐになります。

 

食後のブラッシングはどちらかといえば、食べかすが歯の間に詰まらないようにエチケットの意味合いやペーハーコントロールという意味です。

 

ペーハーコントロールについてお伝えします。

 

一般に物を口に運ぶと口の中が酸性化して、歯が溶ける方向にいきます。しかし15分から30分間で、唾液の力により中性へと戻ります。

 

食べかすが残っているとなかなか中性化が進みません。

 

ですので、ブラツシングをして口の中を空っぽの状態にして後押しするということです。

 

食後はプラークは1番少なくなっておりますので、ブラッシングの目的は違ってきます。


なお、酸性化が続きますと、歯の表面が溶け、歯がしみる原因になることがあります。

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック