bnr_recruit (1).jpg

   

メンテナンスの重要性

 


自分では落とせない汚れがあるのはご存知ですか?


 

実は、プロでないと落とせない汚れがあるんです。

 バイオフィルムといって、これは歯ブラシじゃ落とせません。

歯医者さんでプロが磨くとツルツルすると思うんですが、それはバイオフィルムをとったからなのです。

3〜4ヶ月すると、これがまた出てきてしまいます。ハブラシでは取れないので、プロが診るのが大切なのです!

 

s.jpg

 

虫歯や歯周病は細菌感染によって起こります。歯の表面や歯周ポケット内部のプラークが熟成して形成される細菌が作った膜・バイオフィルムが主な原因です。

バイオフィルムは排水溝のぬめりのような物で、細菌がフィルム状のバリヤーに覆われているため、生体の防御メカニズムで細菌が排除されないだけでなく、抗生剤や殺菌剤などの化学治療も効果的ではありません。

PMTCという歯科でのクリーニングは、このバイオフィルムを除去できる効果的な方法です。


 


こうやってクリーニングをします!


 

 

プロが専門の器具を使って、クリーニングしていきます。

3ヶ月に1度のペースで行っていきますが、とても気持ちが良く、本当に眠ってしまう方もいらっしゃるくらいです。

 

 

1、ブラッシング状態、歯ぐきのチェック

s0000-050426-191952.jpg

赤く磨き残しを染めだして、ブラッシングができていないところや磨きにくいところをはっきりさせます。必要に応じて、ブラッシングの指導なども行います。

またPMTC前に歯や歯肉 にどのような問題があるかチェックし、歯石があれば取り除きます。


 

2、ブラシを使い赤いところを落とします

s0000-050426-192057.jpg

水と振動の出るサスブラシというものを使って赤く染まっている汚れを落としていきます。


 

3、超音波を使って歯肉の中のそうじをします

s0000-050426-192306.jpg

このような先の細いチップを使って、歯ブラシでは届かない歯肉の中の細菌を超音波と水を使って洗浄していきます。

この時に歯石があれば一緒に取っていきます。


 

4、研磨ペーストを使って清掃・研磨

s0000-050426-192433.jpg

研磨ペーストを使って、清掃・研磨をしていきます。


 

5、フッ素の塗布

s0000-050426-192559.jpg

虫歯の予防になるフッ素を塗り、より浸透させるため数分間うがいを避けます。


*できれば30分は飲食を控えてください。




80歳の時に残っている歯の本数は??

 



 

80歳の時に残っている歯の本数ですが、

定期的にメンテナンスを受けた人と痛い時に来ただけの人とでは違うんです。

 

 

残存歯数.jpg

2種類の青と赤のグラフです。

青い線が定期的にメンテナンスを受けた人

赤い線が痛い時だけに来た人


痛い時だけに来た人は「80歳で6〜7本だけ」

定期的に来た人は「80歳で15本〜16本」



どうしても人間なので、年齢を重ねると自然と減ってしまいがちですが、それでもこんなに差が出てくるんです。



歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック