歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ119

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ119

今日のヘェーその341

歯がしみる程度なのに歯医者に歯の神経をとる必要があると言われた!

歯科治療をおこなっていますと、患者様のイメージしている治療と歯科医師が実際におこなう治療に食い違いが起こることがあります。

よくあるのが、患者様は虫歯ができていることは気がついているのですが、ひどく進行しているとは感じていない時です。

例えば

虫歯の穴が小さくあいているが特に痛くもなく、しみる程度だけの症状
⇒間口は小さいが歯の中では虫歯がひどく進行しており中が空洞になっているため歯の神経除去が必要と言われた。

銀歯と歯の間がすいており、口の中を吸い込むように陰圧にすると酸っぱい嫌な臭いがするが痛みはない
⇒歯の神経を過去に除去しているため痛みは生じていないが、後回しになっていたせいか歯根までが虫歯が進行してしまい抜歯だと言われた。

差し歯がとれた
⇒ただ、つけてもらう予定だったが、差し歯と歯の間に虫歯ができていると言われ再治療になった。

差し歯の色が気になる

⇒差し歯の交換だけと思っていたが、歯の根の治療が不十分と言われ、歯の根の再治療からになってしまった。

これ以外にもたくさんあります。

いつも感じることですが、「寝ていたら風邪が治る」という風に自然には虫歯は治りませんので、おかしいと思ったら早めの受診をオススメします。

P.S
これからの歯科医院は「歯を治す」ために行く所ではありません。

「歯を削らずに済む」ように定期的なメンテナンスに行くところです。

それでもやむおえず小さい虫歯ができた時に、必要最低限の処置をおこなう所だと私は思ってい ます。

今日のヘェーその342

虫歯でもないのになぜ歯医者に行かなければいけないのですか?

メンテナンスという虫歯や歯周病にならないようにするプログラムがあります。私はこのプログラムをオススメします。

このプログラムは3か月~4か月に1回歯科衛生士が器械を使用して、虫歯菌だったり歯周病菌を取り除くことを言います。

ブラッシングではだめなの?という声が聞こえてきそうですが、「虫歯菌はブラッシングでは除去しにくいのです」という答えになります。

テレビでよく聞くと思いますが「プラークコントロール」という表現があります。

プラークはバイオフィルムとも呼ばれ細菌の巣窟ですが、ブラッシング具程度では取り除けません。

例えて言えば「台所の排水溝のぬめりは簡単に除去できない」ことと同じになります。

ですからシリコンゴムを使用した器械の使用が必要になるのです。

しかも除去後3か月たちますと「悪さをし始めるくらいに虫歯菌や歯周病菌が増加」するため、定期的なメンテナンスが必要になります。

悪くなってから、痛い思いをしながら何度も通院するよりも、髪を洗ってもらうように爽快にな気持ちで白い歯を維持する方がいいと私は思います。

P.S

医療費も違ってくるというデータもあります。それは「歯の治療費」ということだけではなく、「歯を失う」ことで体に及ぼす医科での医療費にも影響があるからです。

今日のヘェーその343

歯の黄ばみや着色が気になる方へ

歯の着色の多くは、たばこのヤニだったり、コーヒーなど色の濃いものを飲食されることが原因になることがあります。

それ以外にも歯の表面性状も関係があります。歯には細かい凹凸があるため着色しやすくなります。

この表面性状に関しては人それぞれですので確認のしようがないのが現実です。

気にされている患者様は「歯の着色が良く取れる歯磨き粉」をご使用の方がおられます。

研磨性が高い歯磨き粉を使用することで着色は良く取れるのですが、同時に歯の表面を傷をつけることになりますので再度着色しやすくなります。(歯磨きしながら歯に傷をつけることになるからです。)

歯磨き粉には研磨性のある粒子を入れてありますから、着色がとれる=粒子が荒いという図式になります。例えて言いますと目の粗い紙やすりと目の細かい紙やすりではどちらが傷ができますか?ということです。

歯科医院での対応としては歯の着色を気にされる患者様に対してクリーニングをおこないます。

ただ、研磨性の高い歯磨き粉と同じようにまた着色は起きてきます。ですので、「どう着色させないか」と考えるのではなく、「気になったらクリーニングをしてもらう」という割り切った考え方の方が良いかもしれません。

ご自身でできる事としては「色の濃い飲食は避ける」、「喫煙している方なら少なく、もしくはやめる」ことです。でも、これは難しい話ですよね。

また歯磨き粉の中には微細な歯の表面を傷を治してくれる歯磨き粉も販売されています。

P.S
歯の間の着色は、狭いスペースのためクリーニングをおこなっても完璧にとれないことがあります。

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は鈴木歯科クリニックにご相談ください。

虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・入れ歯などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒990-2445 山形県山形市南栄町1-3-33
TEL:0120-68-1855
診療時間:
午前-----9:00〜12:30
午後-----14:00〜18:45(土曜日は17:00まで )
休診日:木曜午後・日・祝日
駐車場有

  • 鈴木歯科クリニックスタッフブログ
  • 院長ブログ
  • よろず相談所
ページトップへ