歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ129

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ129

今日のヘェーその371

なんでもないきれいな歯を削る時は歯科医は緊張する。

歯を失った際には入れ歯やブリッジの治療を選択します。近年ではインプラントを選択する方も多くなってきました。

抜歯した左右前後の歯を削って「新しい歯」を製作する方法としてブリッジがあります。(橋渡しをするという意味です)

失った歯の本数にもよりますが、その多くは1本の歯を失った時にブリッジ治療の選択がなされます。

もうすでに治療されている歯なら、歯を削る時でもこちらは気が楽です。

ただ、抜歯した前後左右の歯がきれいな天然の歯であったら、歯科医はためらってしまいます。

あー、こんなきれいな歯を削ってまでも「新しい歯」を製作しなければならないんだとあらためて思うからです。

また弊害もあります。

1、抜歯した歯の分までも咬合力がかかる(過重な負担になる)

2、「歯がしみる」可能性がある。ブリッジはつなぐ歯同志が平行でなければワンピースで装着できないので通常より多く削るからです

3、つなぐ歯が互いに違う方向に生えている時には、歯の神経をとる必要があります。それは平行にするために歯の神経がむき出しになり、痛みの原因になるかもしれないからです。ただ、歯の神経をとることは、歯の寿命を縮めることになります。

P.S
2本以上連続して抜歯の時には、ブリッジ治療では共倒れを起こしてしまい、将来また歯がダメになると思います。

そういった時には、インプラント治療が理想的だと思います。

1番の理想は抜歯になる状況をつくらないようにして欲しいということです。

今日のヘェーその372

奥歯での「仮どめ」状態の時は強く咬まないでくださいね。

ここでお伝えする「仮どめ」とは部分的に歯を削り、次回来院まで削った歯を一時的にシールするものです。

歯の全部を多い被せるプラスチック製の「仮歯」とは分けて考えていただきたいと思います。

虫歯や脱離のために、奥歯を部分的に削り、歯を治す時がよくあります。

従来は強度の面から数種類の金属が入っている合金による修復が多かったと思います。

最近では金属アレルギーや「見た目」の問題からセラミックやレジンでの修復を選択する患者様も増えています。

基本的に、レジンでの修復は当日に治療完了しますので「仮とめ」は必要ありません。

それ以外の型取りが必要になる時、次回来院まで「歯がしみる」などの不快症状を避けるために「仮とめ」をおこないます。

稀にではありますが、トラブルが起こります。

それはセットの時に「歯が欠けてしまって装着できず、再度型取りをおこなう場合」です。

よくあるのが、「仮」とはわかっているのけれど、患者様が硬い物を咬んだりした時です。

また、歯の全部を覆い被せなければならないものを部分的に修復しようとした歯科医の判断ミスでも起こります。

ほとんどが小さく欠ける程度ですので、患者様も気がつかない時がほとんどで、歯科医が指摘しますと「あー、あの時かな?」と思い出されることもあります。

再度の型取りになりますが、大きな不具合は生じませのでご安心くださいね。

P.S
アメを最後までなめきれず、ついバリバリ噛み砕いてしまう私も過去に経験しています。

装着まではご用心を!

今日のヘェーその373

「この歯は抜歯です」と言われたら・・・

虫歯の進行はわかっていたが痛くなかったので・・・とか銀歯、かぶせ物がとれたけど忙しくて・・・などの理由で歯科医院への来院が遅れることがあります。

歯のチェックをしますと、確かに虫歯が進行してしまい歯だけではなく、歯の根の部分まで虫歯が進んでいることもしばしばです。

歯の状況によっては抜歯の選択か治療をおこない今後「歯」として使用できるか、ぎりぎりの時があります。

なかなか治らない歯根の腫れや痛みが続くなどもその1つになります。また中程度以上の歯周病も同じです。

患者様によっては何とか残したい、治したい、抜歯をしたくないという方も多いと思います。

そういった時にはセカンドオピニオンとして他の歯科医院での診査、診断をおこなってください。

3,4件歯科医院を回られる患者様もおられます。

歯科医の説明に納得した時に、治療を任せることにしてください。

ただ、悪い状況での相談になりますので、歯科医の技術レベルもあります。でもそれ以上に治る可能性、治らない可能性は混在していますので、そのことは患者様も認識しなければなりません。

難しい治療では100%はないからです。

最悪抜歯になったら、どう対処するのかなど詳しく説明を受けてくださいね。

P.S
虫歯が原因の時は、早い段階の方が楽に抜けます。抜歯を決断したら早めに抜きましょうね。

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は鈴木歯科クリニックにご相談ください。

虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・入れ歯などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒990-2445 山形県山形市南栄町1-3-33
TEL:0120-68-1855
診療時間:
午前-----9:00〜12:30
午後-----14:00〜18:45(土曜日は17:00まで )
休診日:木曜午後・日・祝日
駐車場有

  • 鈴木歯科クリニックスタッフブログ
  • 院長ブログ
  • よろず相談所
ページトップへ