歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ137

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ137

今日のヘェーその395

入れ歯どうしではよく咬めない?(上下入れ歯の時)

先日、患者様から他歯科医院で製作した入れ歯がよく咬めないから見て欲しいと言われました。特に右側が咬めないということでした。

前歯に数本あるだけであとは口蓋全体を覆う部分入れ歯(上顎)でした。下の方はというと右側の奥歯がない部分入れ歯(下顎)でした。

ただ、下の左側は奥歯があり、前歯もしっかり残っている状態です。

上の部分入れ歯を拝見しますと、よくできており、咬み合わせもしっかり咬んでいます。下の入れ歯は10年近く使用しているとのことでした。

一般に入れ歯を装着していますと、咬む能力は自分の歯で咬んでいた時と比べて格段に減少します。

そうです。咬みにくいと言われたところは、上も入れ歯、下も入れ歯という入れ歯どうしの咬み合わせでした。反対側は入れ歯と残った自分の歯で咬んでいたのです。

私は入れ歯を装着していませんので推測になりますが、「入れ歯どうしの咬み合わせでは、しっかり力がかけることができず、こねるようになっていただけ」になったと思います。

ここ1番は自分の歯で咬むことになります。左側では下の奥歯が残っているので左側の方が咀嚼しやすい状況だったと思います。

また、右側の下の奥歯のすり減った影響もありました。

P.S
長年入れ歯を装着していますと、咬む溝はすり減ってしまいツルツルになってしまいます。そうしますとやはり食べ物をうまくすりつぶせなくなり、「咬みにくい」状態になります。

そういった時は「溝をきる」ようにしてギザギザをつけてあげますと、咬みやすくなります。(咀嚼効率を上げる)

入れ歯の歯は咀嚼によってすり減ってきますので、痛くなくとも定期的なチェックは必要です。

今日のヘェーその396

口内炎には触らない!

口の中の粘膜に白く透明感がり、周りが赤く囲まれている時には口内炎の場合があります。

口内炎の痛みは激痛ではないですが、ピリピリと痛いですよね。

口の中が乾きやすい、唾液の少ない方に多くみられ、かたやきのせんべいを食べて傷ができても口内炎になります。

また、ストレスや疲労による新陳代謝の低下によって粘膜の表面が荒れる事でも起きてきます。

大事なことは、触らないことです。

口の中は鋭敏ですので、人は異物やちょっとした変化でも気がつき、気になる方はずーっと触り続けてしまいます。その結果、余計に痛みが出てしまします。

特に舌でなめて何度も確認することは避けてください。

舌についている細菌が触れて2時的に感染したり、ざらざらしている表面によってさらに傷をつけてしまうからです。

塗り薬もありますが、唾液の多いところですので、すぐに流れてしまいます。また、効果も限定的です。

1日数回の殺菌成分の入った洗口液でのぶくぶくうがいをオススメします。

これによって細菌を洗い流し、傷の早期治癒を促します。

今日のヘェーその397

上の前歯の内側の歯肉を咬んでいる方へ

咬み合わせで苦労されている方は意外と多いと感じています。

その一つとして上の前歯が出ているケースについてお伝えします。

上の前歯が出ておりますと、見た目ということだけではなく、機能的にも不具合を生じます。

上の前歯が出ているケースを2つ分けて説明します。

1つは、前歯が出ているため下の前歯と咬んでおらず、物を咬み切りにくかったり、下唇を上の前歯で挟み込んだり、口が閉めきれず、口が乾いてしまうことです。

もう一つは、下の前歯が隠れるくらい上の前歯が覆いかぶさり、しかも上の前歯と歯肉の境目を下の前歯が咬みこんでしまい、歯肉に傷ができることがあります。また顎関節症の原因にもなります。

先日、上の前歯をかぶせ物(=差し歯)で治す患者様がおられました。いつも内側の歯肉を咬んでいることは自覚されていました。

前歯をかぶせ物で治す際には、使用する歯科材料の厚みが必要になります。

金属、セラミック、ジルコニアなどいろいろな材料が想定されます。厚みがありませんと脱離したり、破れてしまうからです。

前歯の内側の歯肉を咬みこむくらいですから、どうしてもある一定の厚みの確保は難しくなります。

ですので、場合によっては下の前歯を少し削ってスペース確保(材料の厚みの確保)をおこなう時が出てきます。

通常は上の前歯だけを削ってかぶせ物を製作しますが、上の内側の歯肉を咬みこむぐらい、咬み合わせが深くなりますと、やむおえずおこなう処置になります。

ある意味、1番簡便な方法となります。

P.S
もちろん、矯正治療によって咬み合わせを治すことが理想的ですが、患者様のご希望(治療ゴール)がどこにあるかがポイントになります。

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は鈴木歯科クリニックにご相談ください。

虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・入れ歯などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒990-2445 山形県山形市南栄町1-3-33
TEL:0120-68-1855
診療時間:
午前-----9:00〜12:30
午後-----14:00〜18:45(土曜日は17:00まで )
休診日:木曜午後・日・祝日
駐車場有

  • 鈴木歯科クリニックスタッフブログ
  • 院長ブログ
  • よろず相談所
ページトップへ