歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ150

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ150

今日のヘェーその436

■歯の捻じれが気になる方へ

歯の捻じれを気にされている方は意外と多いと感じています。

日本人の場合は、愛くるしいとかチャームポイントに感じる時もあるのですが、欧米では矯正治療の対象となることがあります。

歯列全体や上の前歯のほとんどが捻じれていたり、歯並びが悪ければ矯正治療をしたいと思うのでしょうが、1本だけですとなかなか踏み切れないですよね。

そこで、歯を削ってかぶせ物をすることで、悩みを解決したいと思われる患者様がおられます。

捻じれている度合にもよりますが、歯を削ることで治すことは可能です。

ただ、歯が捻じれている時には、まっすぐに生えている歯のスペースより狭くなるので、治した歯が小さくなってしまうという状態になります。

ですので、歯の大きさのバランスをとるため、1本だけではなく、2本から3本、場合によっては糸切り歯から糸切り歯まで6本治す事態になります。

この機会に左右の着色した歯も一緒に治そうという時には、適しているのですが、虫歯でもなんでもないきれいな歯を削る際にはよく検討されてください。

かかりつけの歯科医に気になる捻じれた歯を治すためには、何本削る必要があるのかを治療説明を受けていただきたいと思います。

歯科医もイメージを説明したり、絵をかいて説明はするのですが、それでも患者様が思い描いているイメージとは違ってしまうことがあります。

費用は別途かかるかもしれませんが、シュミレーションで仮の歯を製作して、「仕上がりのイメージ」を確認することも必要になるかもしれません。

本来、歯を何度も削るものではありません。

特に見た目(審美歯科)で、歯を削る際には熟慮してください。

もし、治そうと決意した際には「1発で仕留める=この治療を最後にする」という気持ちでいて欲しいと思います。

今日のヘェーその437

■何度も治療をした歯で、神経を除去した歯には、全体を覆うかぶせ物をする

歯の神経を除去しなければならない時は、歯に痛みを感じるくらい虫歯の進行がある時です。

ですから、大抵の場合、虫歯が深いので歯を大きく削ることになります。

また虫歯が深くない場合でも、歯の神経をとる時には、すでに何度も治療されている時がほとんどです。

歯の神経除去後は歯の頭部分がほとんどがなく「打ち首」のようになっています。

ですから、残っている歯があってもそのまま修復できない(外れてしまうため)事態になります。

治療としては土台を差し込み、歯の全体をかぶせる形になります。

稀に部分的に歯を残すことができて、部分的な修復が可能の場合があります。(打ち首のようにならない時)

ですが、長期的に見ると残った歯の部分が欠けてしまい、結局やり直しになることが多いです。

咬む力と神経除去後と残存している歯の強度の釣り合いがとれないために起こります

つまり、噛む力の方がはるかに強いということです。

私の中では、「歯はなんども治すものではない」と考えていますので、歯の神経を除去後の第一選択は「歯の全体をかぶせてしまう」
ことをおススメしています。

患者様の中には自分の歯をなるべく残しておきたいと希望される方も
おられますので、かかりつけ歯科医からメリット、デメリットを聞いた上で選択して欲しいと思います。

今日のヘェーその438

■患者様からの質問・・・前歯にヒビが入っているのですが大丈夫ですか?

先日、鏡で前歯にあるひび割れを発見された患者様が来院されました。

鏡でよく見ないと気がつかないレベルです。

もちろん、痛みや腫れはありません。

ヒビの原因としては、咬む力によって引き起こされます。

高齢者の方を診察していますと、ヒビの間に着色が入り込み、前歯に茶色のスジが入っていることをよく経験します。

前歯には過大な咬む力はかかりませんので、「表層的なヒビ」ですから心配いりません。

問題は奥歯に起こるヒビです。

物を咀嚼するために、過大な咀嚼力がかかって、ヒビが表層だけにはおさまらず深部まで起こります。

ですから歯の中心部までひび割れが進み、虫歯でなくとも、歯がしみる(特に熱いもの)、歯がズキズキ痛むなどの症状を引き起こします。

少しずつ歯の神経が侵されてしまうと、神経が壊死を起こし、歯肉が腫れるなどの症状になることもあります。

「奥歯のヒビ割れがどこまで起きてるのか」がポイントで、抜歯に至ることも珍しくありません。

話を戻すと、前歯にヒビが入るくらい力がかかっているのですから、歯ぎしりも原因の1つかもしれませんね。

もしくは、前歯で咀嚼する習慣をお持ちなのかもしれません。

鏡をじっくり見ないと気がつかない程度ですから、「前歯のヒビ」はご安心くださいね。

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は鈴木歯科クリニックにご相談ください。

虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・入れ歯などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒990-2445 山形県山形市南栄町1-3-33
TEL:0120-68-1855
診療時間:
午前-----9:00〜12:30
午後-----14:00〜18:45(土曜日は17:00まで )
休診日:木曜午後・日・祝日
駐車場有

  • 鈴木歯科クリニックスタッフブログ
  • 院長ブログ
  • よろず相談所

スタッフブログ新着情報

ページトップへ