歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ92

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ92

今日のヘェーその262

糸切り歯付近のプラスチックがよく外れる方へ

かみ合わせ(歯ぎしり、くいしばり)や歯ブラシを強くこすりすぎても
歯と歯肉の継ぎ目は削れてきます。

多少削れた程度で、爪が少しひっかかる程度なら何もしなくといいです。

歯がしみたり、大きく削れた時にはプラスチック(レジン)を埋める治療があります。

ただ、過去に何度もプラスチック(レジン)を詰めたが、よくとれてしまう方は咬み合わせが原因のことがあります。

ですので、もう一度詰め替えするのか、そのままで経過を見るのか判断に迷うこともあり、歯科医にとって悩ましい問題です。

削れている程度が大きければ、しみるだけでは収まらず、ズキズキ痛くなったり、歯の神経が腐ってしまい歯の根元が腫れてくる事態もありますで、かかりつけの歯科医とよく相談されることをオススメします。

今日のヘェーその263

入れ歯があたっていたい方へ

痛い時には歯科医院で削って調整が必要になります。

ご自分でも痛みを軽減させる方法があります。

それは、自宅にいる時や、食事以外はできるだけ「入れ歯を外しておく」ことです。

1度口の中に傷ができてしまいますと、2~3日は治りません。かえって入れ歯の装着を続けることで、傷が深くなってしまうこともあります。

ですので、「まずは傷を治す」を優先してください。

無理な入れ歯の使用を続けると、傷が深くなり治りも悪くなります。

傷になる原因に対応する入れ歯の調整もおこなってくださいね。

P.S
夜間入れ歯装着したままでの就寝はオススメしません。それは装着することでくいしばりや歯ぎしりなどにより歯茎への負担を避けるためです。

今日のヘェーその264

上の総入れ歯を入れると吐き気がしてしまい装着できない方へ。

歯をすべて失いますと、以前までは総入れ歯しかありませんでしたが、現在ではインプラントでも対応できます。

ただ、インプラント治療ではなく、従来の入れ歯の方法での対応を望む方も多いと思います。

しかしながら、上の総入れ歯を装着しますと口蓋を覆ってしまいますので、吐き気で悩まされる方もいらっしゃいます。

そんな時には「無口蓋義歯」と呼ばれる口蓋部分をくりぬいた形式の総入れ歯で対応します。

よほど条件がそろっていない限り、無口蓋義歯は落ちてきます。ですので、市販の入れ歯安定剤を併用して密着させて使用します。

落ちてこない対応としてはやはりインプラントを併用した入れ歯にしてもらうか、従来の総入れ歯に慣れていただくことになります。

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は鈴木歯科クリニックにご相談ください。

虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・入れ歯などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒990-2445 山形県山形市南栄町1-3-33
TEL:0120-68-1855
診療時間:
午前-----9:00〜12:30
午後-----14:00〜18:45(土曜日は17:00まで )
休診日:木曜午後・日・祝日
駐車場有

  • 鈴木歯科クリニックスタッフブログ
  • 院長ブログ
  • よろず相談所
ページトップへ