歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ97

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ97

今日のヘェーその276

リラックス、リラックス!

抜歯やインプラント治療などの外科処置をおこなう際には患者様は緊張されます。

私が患者様の立場であれば、やはり同じ心境になると思います。ですのでお気持ちはよくわかります。

ただ、あまりにも緊張が強すぎますと麻酔やちょっと削っただけでも真っ青な表情になり、気分がすぐれなくなってしまいます。

「緊張をしないでください」という方が無理なことなのですが、リラックスされた方が楽に、そして安全に治療をすすめられます。

血圧計やパルスオキシメーターなどを使用し足り、顔の表情や顔色なども見ながら注意して治療にあたります。

なにより、リラックスが1番になります。

P.S
私も怖がりですので、よくわかります。

今日のヘェーその278

歯科治療が苦手、もしくは怖く感じている方へ

「歯科治療は嫌いです」という方はとても多く感じます。私も子供のころは大嫌いでした。

それはやはり、「痛い」ということが根本にあると思います。特に麻酔もしっかり効いていないうちに、我慢してもらいながら歯科治療をすすめたことも一因かもしれません。

また、「歯科治療はこうしなければならない」と強く歯科医に言われたからとおっしゃる方もおられます。

1度怖くなってしまいますと、歯科医院に行かなければならないことはわかっているのに、足が遠のいてしまいます。

その結果、もっと歯科治療の回数が多くなったり、抜歯に至ることもあります。

まずは、かかりつけの歯科医院でご相談ください。歯科治療を効率よく進めるのではなく、回数はかかってもじっくり治すことをオススメします。

クリーニングや治療説明だけで何回か歯科医院に通いますと、歯科医師やスタッフなど、歯科医院全体の雰囲気がわかりますよ。

笑気麻酔などを利用するのも有効ですが、行き着くところは「歯科医院との相性」になると思います。

今日のヘェーその279

根管治療をする方へ。

根管治療は歯科医師、患者様にとっても大切な治療になります。

痛みのある虫歯の神経を除去したり、うまくいっていない根管治療をもう一度おこなうことは、歯を大きく、大きく削ります。

以前にも申しておりますが、歯は削れば削るほど弱くなります。つまり、同じ歯を何度も治療するとしまいには抜歯につながってしまうということです。

特に根管治療は、日常の生活で歯が割れて抜歯につながります。

ですので、安易に「悪くなったら、また治せばいいや」という考えは間違いになります。

根管治療も回数がかかるため、中断になってしまう患者様もおられます。

痛みが消失して、忙しくなってきますとそのままになってしまい、仮止めがすり減ってなくなることで根管が唾液に汚染されてしまいます。

そこで感染が起こり、もう一度初めからもしくはマイナスからの再スタートをしなければなりません。

期間が1年近くあいてしまいますと、再感染だけではすまず、象牙質が湿った木のようにふにゃふにゃになって、抜歯に移行することもあります。

根管治療を始めたら、かぶせるところまで一気に治療をすすめてくださいね。

根管途中での中断は、通院回数の増加、痛みや腫れの可能性などマイナスのことばかりになります。

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は鈴木歯科クリニックにご相談ください。

虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・入れ歯などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒990-2445 山形県山形市南栄町1-3-33
TEL:0120-68-1855
診療時間:
午前-----9:00〜12:30
午後-----14:00〜18:45(土曜日は17:00まで )
休診日:木曜午後・日・祝日
駐車場有

  • 鈴木歯科クリニックスタッフブログ
  • 院長ブログ
  • よろず相談所
ページトップへ