自費と保険の違い

保険診療と、自由診療の違いって?

鈴木歯科クリニックの「歯科医療と自由診療」への考え方

治療を受ける前に知っておいて欲しい、歯科治療と保険制度の実状

治療を受ける前に知っておいて欲しい

当院では治療にあたり保険診療と自由診療の両方の特徴を説明させて頂き、相談の上であなたに最適な治療方法を決定してから治療方法を選択します。
保険診療と自由診療では、治療方法や被せ物や入れ歯の材質、使用できる薬剤などが大きく異なります。自由診療では制限がないため、良い素材、材料を使用できますし、最新の高度医療も受けることができます。
そして、もちろん見た目、食事した時の味の感じ方、食感、普段の口の中の違和感、虫歯の再発リスクや歯の寿命に至るまで、治療によって得られる生活・人生の質も大きく変わります。
本来であれば誰もが保険制度の中で歯を守り、人生の質を高めるためのベストな治療を行えれば良いですよね。しかし残念ながら、国の制度において難しいのが現状です

歯科における医療保険制度の限界

現在の医療保険制度は昭和30年頃に整備され、高度成長期の中で「とにかく虫歯を治すこと」「歯を失ったら『噛む』という機能性を補う事」に注視していました。

そこには、見た目や歯の寿命、治療の材質の安全性などはほとんど考慮されていません。「最低限の水準」で痛みが取れ、噛めればいいという考えの元に設計されています。

歯科以外の医療分野に比べても、保険診療内でできる治療は非常に狭いと言わざるを得ません。しかし、医療はどんどん進歩しています。金属の歯が有害であることも分かってきました。しかし、数十年前の基準での「最低限の水準」のための制度が、抜本的に改革されることなく今でも続いています。

今では当たり前になっている、歯を守るためには本来行うべき、治療計画立案、診断、噛み合わせなど口腔内全体をみてから局所の治療計画検討する考えもありません。そしてもはや、今の日本の財政を考えると抜本的な改革は今後も難しいでしょう。

自由診療はより質の高い生活を実現するためのもの

自由診療はより質の高い生活

もちろん、保険制度が全て悪いという事ではありません。日本国民が皆、平等に定めた医療を受ける事ができるという意味では我々にとっての恩恵は計り知れません。先進国でも歯科治療が日本のように保険に組み込まれているところはありません。
その反面、やはり現代における世界水準での良いとされる治療や予防治療は受ける事ができないという問題があります。
医療保険制度内の治療では、最新の優れた治療、希望通りの治療、そして医療者が日々研鑽した結果提供できる高度な歯科医療をすべて保険で提供できるものとは言えない事も理解していただきたいのです。

医療業界における、歯科治療の保険診療と自由診療の位置づけ

同じ医療でも内科や外科の場合、7~8割の治療が国の保険制度を利用して治療を行うことができます。しかし歯科医療の場合、ほとんどの治療方法・材料は自由診療のみで可能な制度になってしまっており、保険適用可能な治療は、全体の一部なのです。そのため、より良い治療を選択する場合には、自由診療の範囲となってしまうのです。

歯科治療の保険診療と自由診療の位置づけ

歯科の保険診療の特徴

国の定めた範囲内での治療方法、材料、薬を使用して治療を行います。

最低限噛めるようになるための治療(機能面のみ)」での適用範囲となるため、治療の方法、材料、薬の処方に制限があります。

歯科の自由診療の特徴

治療方法、使用する材料等に制限はなく、患者にとって最適な治療をあらゆる選択肢の中から選択可能です。
常に歯科医療技術は進歩していますが、矯正治療、審美治療、先端歯科治療は、ほぼ100%自由診療の中のみで受診可能です。
保険診療と比べて、「ただ噛める」という機能性だけでなく、「快適に噛める」「使用感が良い」「長持ちする」「見た目が良い」「健康面にも良い」という部分も重視されます

あなたに適した治療方法を選択できるように・・・

カウンセリングを重視

鈴木歯科クリニックの願いとしては、長期的には悪くなることが分かっている「最低限の治療」ではなく、より快適に日々の生活を送ることができる治療を提供したいと思っていますし、それを実現できるよう世界水準の歯科医療を学び続けています。
当院ではもちろん保険治療も行っておりますし、保険治療を受けていただくことが悪いわけではありません。ただ、しっかりと治療の長所・短所を理解して、長期的な視点を持ってあなた自身が納得できる治療を受けていただきたいのです。

そのために、当院では保険診療と自由診療それぞれの「特徴」「材質」「費用面」などを比較しながらベストな治療を選択して頂くサポートとして、カウンセリングを重視しています。
ご質問や不安な点があれば、歯科医師・スタッフまでお気軽にお声かけ下さい。あなたにとって、「歯医者に行って良かった」と心から思えるように、サポートいたします。

ページトップへ