虫歯治療

虫歯治療は歯と神経を保存することが大切!
歯を失わないための精密な治療へのこだわり

こだわりの精密治療を動画でご覧ください

目次

虫歯・痛みの再発を防ぐ「精密治療」とは

精密治療

虫歯の治療において特に重要なことが3つあります。

①削る量は最小限に、虫歯の感染部位を確実に取り除くこと
②なるべく神経は抜かずに保存をすること
③神経を抜く場合には、確実にきれいに除去すること

歯を一度削ってしまうと絶対に元通りには戻りません。そして削れば削るほど歯は弱くなります。また、神経を抜いてしまうとさらに弱ってしまい抜歯に近づきます。つまり、自分の歯を守るには削る量を最小限にして、かつ神経を抜かないことが大切です。

しかし、虫歯が深い場合には神経を抜く必要があります。その場合には、感染している神経をキレイに除去することが大切です。歯の根は複雑な形態をしてるので、実はこれが手間がかかり非常に難易度の高い治療です。

この3つのポイントを精度高く行うのが、当院の「精密治療」です。どのように、精密治療を行っているのか、このページでご紹介したいと思います。

削る量を最小限にするために

マイクロスコープ・拡大鏡の使用で「勘」に頼らない精密治療

マイクロスコープ・拡大鏡の使用で「勘」に頼らない精密治療

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)、拡大鏡を使用すると、肉眼では見ることができないほど拡大した視野を確保しての治療が可能になります。虫歯を削る際にも、歯を削る量を最小限にすることができます
精密治療にはどちらも欠かすことができない装置で、今やこの両方の機器がなくては、怖くて治療ができないほどです。
裸眼だと、見えていない部分が大きいため、どうしても歯科医師それぞれの手先の感覚や経験による勘に頼らなくてはいけなくなります。それでは確実な治療歯科できません。必要に応じて、拡大鏡・マイクロスコープと使い分けて精密治療を行っています。

マイクロスコープを使って、浅い虫歯の治療を行っている動画 ※https://www.●●●

虫歯はドリルで大きく削るのではなく、手作業で丁寧に取り除きます

手作業で丁寧に取り除きます

虫歯は入り口が狭く、中で広がっている「アリの巣形態」になっていることがよくあります。通常はどうしても大きく削らなくては治療ができません。
しかし、それでは歯が弱ってしまいます。そこでドリルで最低限削った後、エキスカベーター(虫歯を手作業で取る専用器具)を用いて、感染した部位のみを丁寧に削ぐようにして虫歯を除去します。歯を削る量を最小限にして虫歯を取り除くが出来ます。
特に神経に近い深い虫歯にはエキスカベーターを使用して、神経ギリギリのところで削ります。そのことで、神経を抜かずに治療ができる場合があるのです。

『う蝕検知液』でしっかり確認

う蝕検知液

う蝕検知液とは、歯に塗布すると虫歯の部分のみが赤色に着色する薬液です。着色部を取り除けば良いので確実に感染部分のみを取り除き、誤って健康な部分を削ることもありません
最終段階まで虫歯を取った際も、虫歯に感染したところかどうか肉眼ではグレーゾーンな部分があります。そんな時、感染したところだけ選択的に染まるう蝕検知液を使って虫歯を除去します。削るべきかどうかを慎重に判断する基準の1つとして使用しています。

どうしても神経を取りたくない場合、2回に治療を分けることも

虫歯の侵食が神経に到達するかどうかのギリギリの場合で、「どうしても神経を抜きたくない」という方に対しては2回に分けて治療を行う場合があります。まず軽く削って仮歯で経過観察すると第二象牙質というのができてきて、神経を抜かなくて済む場合があるからです。結局神経を抜くことになる場合もありますが、全力は尽くします。

小さな虫歯は、レジン修復でキレイに治ります。

虫歯は必要最小限の部分のみ削り、修復の範囲が噛み合わせの範囲の約1/3に満たないような小さな虫歯はプラスチック素材をを直接歯に詰める「レジン修復」という治療で対応します。

レジン修復は保険診療範囲でも可能ですが、最初は白くても外れやすく変色しやすいという短所があります。そのため、変色しにくい素材も用意しています(自由診療)。 レジン修復の場合には範囲が大きいと外れやすいという短所があります。そのため、修復範囲が約1/3を超えて大きくなると強度と長持ち理由から「インレー」という詰め物を入れることとになります。「インレー」はいくつかの種類があり、その方の状況、リスク、ご要望に合った材料を選ぶことができます。

  • 虫歯前歯の中で虫歯が進行している状態です。
  • 虫歯最小限削り、虫歯を除去した様子です。
  • 虫歯レジン充填により、とても自然な状態になりました。

なるべく神経と歯を残すために

深い虫歯の治療で大切なことは、「①なるべく神経を取らない」「②根の治療の精度」「③削り方の精度」「④かぶせ物の精度」です。 これらの4つのポイントを精度高く治療を行うことで歯を長持ちさせ、かつ痛みが再発しないことに繋がります。特に根管治療は当院が自信を持って行っている治療の1つです。

なるべく神経を取らない「歯髄保存」

歯髄保存

歯の神経を取ってしまうと歯の色が黒く変色してしまったり、歯が弱くなってしまって寿命が短くなってしまったりするなど、全く良い事がありません。
また、神経を抜く治療をするとどうしても歯根への細菌感染のリスクがあるため再治療の可能性が増してしまいます。
そのため、歯の神経を極力残すことを目指した治療を行っています。簡単に諦めて神経を抜く治療には移行しませんので、一般的な歯科医院よりも時間と回数がかかる場合があります。歯を残そうとするほど手間がかかるため、ご了承下さい。

根管治療の精度にこだわります(根の処置)

深い虫歯の治療においては、根の治療が最も重要だと考えています。なぜなら歯の根は、建物で例えると基礎・土台の部分だからです。
どんなにキレイな白い歯になっても、どんなに噛みやすい機能的な歯になっても土台の根っこがダメになっってしまったら使い物にならなくなってしまいます(痛くて噛めなくなったり、化膿してきたり、破折したり、場合によっては抜歯になります)。
それだけ重要な治療なので、当院では特に根管治療においての精密治療に重きを置いています。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)の使用

先述しましたが、マイクロスコープは精密治療には欠かせない機器です。特に、根管治療においては根の中まで拡大して、肉眼では見えないレベルの超高精度な治療を行っています。 マイクロスコープは脳神経外科や心臓外科など医科で使用する事が多いですが、歯科に応用することで高精度な治療が可能になっています。機器自体が高額なのと、熟練した技術が必要なため、まだ日本での導入率は約3%程度と言われています。

マイクロスコープによる根管治療の動画
http://youtu.be/●●●
●拡大鏡(歯科用ルーペ)の使用

拡大鏡

根の治療は「いかに根の中をキレイにできるか」が勝負です。しかし、裸眼で根の治療を行うと、どうしても手先の感覚や歯科医師の勘に頼るため精度に限界があります。少しでも見える部分を拡大して、根の中を最大限きれいな状態とするために、根管治療時にも拡大鏡を使用しています。
※マイクロスコープと拡大鏡は症例によって使い分けています。より効果的な治療を行えるように判断しています。

●NiTi(ニッケルチタン)ファイルの使用

ニッケルチタン

NiTi(ニッケルチタン)ファイルとは、根の中を清掃するための、形状記憶合金で作られた器具です。
これを使用することで、複雑な形態の根でも高精度に切削・清掃ができます。一般的に使用されているステンレス製のファイルに比べて、非常に精度が高い治療が可能です。
この器具が非常に優秀にも関わらず、一般的な歯科治療に使われていない理由の1つは、コストです。 一般的なステンレス製のファイルに比べ驚くほど高価なため使用しづらいのです。
根の治療は非常に大切な治療ですが、日本の保険制度ではとても安価な治療費に設定されていることが関係するかもしれません(海外では数万円の治療が、日本では数百円の治療と設定されており、しっかりやればやるほど歯科医院は赤字になってしまいます)。

削り方も丁寧に、精度を大切に

詰め物・かぶせ物の製作

かぶせ物を制作する前に、支えとなる歯(支台歯)の形を整える必要があります。これを、支台歯形成と言います。
支台歯がキレイに削れていないと、人工歯とぴったりと接着しなくなってしまい、虫歯の再発につながってしまいます。当然、マイクロスコープや拡大鏡を使って丁寧に形成します。

詰め物・かぶせ物の製作はプロフェッショナルが行います

詰め物・かぶせ物の製作

大きな虫歯になってしまった場合は歯の機能を補い、回復させるために被せもの(クラウン)をかぶせることになります。その際の「被せ物の精度」と「噛み合わせの状態」が非常に重要で、治療後の再発リスクも大きく変わります。
当院では、セラミック治療の場合には全国的にも著名な技工士に製作をお願いしており、歯科医師の目から見ても驚くほど仕上がりが素晴らしい人工歯を使った治療を提供することができています。当院が自信を持っている治療の一つです。
見た目だけでなく、虫歯になりにくく、長持ちするかぶせもの治療に徹底的にこだわっています。

●マイクロスコープを使用した被せ物治療 https://www.youtube.com/●●

虫歯の予防について

精度の高い虫歯治療について説明して来ましたが、どんなに精度の高い治療を受けるよりも、リスク管理をして正しい予防処置を行うことが、虫歯にならないため、歯を守るためには最も重要です。

なぜなら、今までと同じ生活習慣や同じセルフケアをしていては、また同じ結果(再発)となってしまうからです。そして、最も虫歯になりにくい歯、優れている歯は自分の歯なのです、被せたり、詰めたりした後は、自分自身の歯の頃よりもより熱心に予防に取り組むことが必要です。

痛くない虫歯治療を大切にしています

虫歯は、とにかく早期治療が大切です。虫歯の進行が軽度であれば、短期間で痛み少なく治療を終えることができます。しかし「虫歯かな?」と思っても、あまり痛くないからと歯科医院へ通うことを先延ばしにしてしまう場合があります。

結果として、いつのまにか深くまで虫歯が進行してしまい、抜歯にまで至ることも多いのです。歯医者が苦手な方でも治療ができるようサポートしていきますので、まずは来院されることをお勧めします。一緒にがんばっていきましょう!

私たちが安心・安全のために大切にしている10のこと

ページトップへ