マイクロスコープ

肉眼では「見えない」世界が「見える」ように!

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)・拡大鏡による
安全で長持ち、再発しにくい精密な治療を行います

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)・拡大鏡による治療

歯科医師の「勘・感覚」に頼る治療から、「目で見て行う治療」へ

目で見て行う治療

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)・拡大鏡とは、治療部位を最大20倍まで拡大して診ることができる装置です。これらの装置がない時代の歯科治療は歯を削るにしても神経を除去するにしても、肉眼に頼るしか方法がありませんでした。
特に神経を除去する根の治療(根管治療)においては、肉眼では見ることができないので、歯科医師の勘や経験、手先の感覚に頼る部分が大きかったのです。これが、マイクロスコープ・拡大鏡の登場により、見えなかった世界を「目で見て」治療を行得るようになりました。

※現在、日本でマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)は全国68,000件の歯科医院のうち、わずか5%の普及率で、山形県内はもちろん全国的にもまだ導入している歯科医院はわずかです。

また、特にマイクロスコープは非常に高価であるだけでなく、歯科医師にとってはそれぞれ扱うことが難しい機器でもあります。自分の目として使いこなすには専門的な研修や経験が必要なのですが、使いこなせるようになってしまえば非常に頼もしい医療機器なのです。

見えづらい状態で針に糸を通したり、小さな折り鶴を折ったりできますか?


針に糸を通したり、プラモデルを作ったり・・・細かい作業を想像してみて下さい。

細い作業をする時に、目隠しで行うよりも目で見て行った方がやりやすいことは容易に想像ができますよね。つまり、歯の治療も目で見て行うことで丁寧かつ正確に治療を行うことができるのです。
それが、結果として「長持ちする、再発しにくい正確性の高い治療」が可能になるということです。それを「精密な治療」と表現しています。

肉眼と拡大した状態では、こんなに見え方が違う!

以下の画像は肉眼とで見た場合と、マイクロスコープで拡大した場合の見え方の比較です。
よく見えるので、むし歯の部位を削るのも最小限で済むため歯を守ることができ、神経の除去も正確に行うことができることで長期的に痛みの再発が防げるのです。

●肉眼とマイクロスコープを使用した場合の比較 

●明るさも違います

これは歯の根を治療しているときの画像ですが、左が診療台についているライトのみで照らしている場合の明るさで、右が拡大鏡のライトを使用した画像です。マイクロスコープでも同様にライトで明るくすることができます。

暗いところで文字を読んだり細い手作業をしたりはしにくいですよね。同様に口の中は暗いので、ライトだけでは暗くて治療がしにくくなってしまいます。拡大鏡やマイクロスコープによって明るさの面でも見やすい環境となりました。

全ての方の処置に拡大鏡を使用しています

難症例の根管治療などのマイクロスコープが必要な症例以外でも、「拡大鏡」という視野を拡大する装置を使用しています。
拡大鏡はマイクロスコープほどではないですが肉眼では見えないレベルに拡大をして歯を削るなどの治療を行います。削る量を最小限にすることで、歯を守ることもできますし、むし歯の再発リスクも軽減することができます。

当院の精密治療はこんな方にお役に立てます

  • これまで何度もむし歯が再発して困っている方
  • 治療してもなかなか治らない方(治癒するか、少なくとも原因が分かります)
  • 他院で「抜歯しましょう」と言われてしまった方(残せる可能性を判断できます)
  • 根の治療のリスクを考え、なるべく自分の歯を残したいと思う方(根管治療の成功率向上)
  • インプラントや入れ歯は避けたいと思っている方
  • 見た目が自然でキレイな仕上がりの治療を望まれる方
  • むし歯の削る量を最小限にして歯を守りたい方

まずはお気軽にご予約下さい。

鈴木歯科クリニック院長

ここまでお読みになっている方は、きっと歯のことで悩まれていることと思います。
当院では、画一的な治療ではなく、あなたの口の状態、お悩み、要望に合わせた治療を行います。
初診時にはしっかりとお話も聞かせていただきますので、まずは気軽にご来院下さい。

お電話

受付時間:9:00~18:00/木・土は12:30まで
休診日:木曜午後・日・祝日

お問合せはこちら0120-68-1855

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問などご相談ください。院長がお答えします!

 お問い合わせフォーム

ページトップへ