求人バナー1.png

   

インプラントとブリッジとの比較

歯をやむおえず失ってしまい、咬合を回復させるために処置方法として代表的なインプラントとブリッジとの比較をしてみたいと思います。

インプラントは何と言ってもよく咬めるということが最大の売りだと思います。しかもブリッジのようにつなげるため前後、左右の歯を削る必要がありません。その結果、他の残った歯に咬合力を負担させないので、長期的に患者様の咬み合わせを守ります。欠点としてやはり自費診療となるため高額になること、またアゴの骨に金属を埋め込む手術になるためリスクが出てきます。その他にも、もともとの骨のボリュームが少ないと骨造成と呼ばれるボリュームアップを図る必要が出てきます。(手術回数が増えたり、術後腫れたりしやすくなります)

ブリッジは簡便にできることが1番だと思います。従来通り前後、左右の歯を削り、欠損部分にはダミーが入ります。費用も保険からも選択できますし(ケースによっては不可の時もあります)、インプラント埋入の手術するというリスクはありません。

ただダミーのところでは咬合しても咬む力を発揮させることができませんので、つなげた左右、前後の歯がその分を負担することになります。例えて言えば背中に自分以上の体重の人をのせてしまうようなものです。ダミー部分が多くなるほど負担がかかりすぎて、しまいにはつなげた歯が過重負担となり、やがて抜歯の原因になります。

1本欠損のブリッジは長期的にもつことはわかっていますが、2本欠損をブリッジで補った際には、最終的には脱離や抜歯につながることになります。私個人としては、欠損が少ないうちにブリッジを選択せず、インプラントによる修復をした方がよいのでないかと思っています。

 

 

 

 

 

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック