求人バナー1.png

   

顎が痛い、あきにくいなどの症状のある方

●顎関節症とは・・・

顎関節症とは噛合せ及び顎の動きの不具合等から起きる、

顎の違和 感・ 顎関節の痛み・口元のけだるさ・肩こり・頭

痛などの症状のことを言います。

【顎関節症の原因としては】
●噛合せの不具合
●歯軋り
●顎に強い衝撃を与えた
●ストレス

などの原因が一般的です。

また 最近では態癖とよばれる無意識での癖や就寝時の顔の枕

など への押し付け、クレンチ ングとよばれる上と下の歯列の噛

みこみな どが問題になっています

治療法としては、噛合せの調節により顎を正しく機能させたり、

就寝 マウスピ ースのようなクッションを着用し、歯軋りの

際に顎への 力を和 らげる治療法があります。個人によって

原因・症状・治療法 異なります ので、お悩みの方は先ずは

ご相談ください。

 

顎関節症の原因にもなっている態癖

最近、顎関節症の原因の1つに「態癖」と呼ばれる口腔周囲に力を かける事 が 大きな原因ではないかといわれております。

もちろ ん原因が単 独でおきて いることより複数の原因が、からまって起 こっていること が多いのですが、 その原因のひとつが「態癖」で、頬杖や寝るとき のうつ伏せの姿勢、体育 座りのときの顎を膝に のせることなど多様なものになります。 また寝ている時の歯ぎしりは昔から顎関節症の原因と言われてき

ましたが、アゴが痛い方に歯ぎしりの有無を聞いても「していない」という方がほとんどでした。最近注目されているのは、仕事をしながらでの無意識での咬みしめが、他の要素と関連して発症しているかもしれないといわれています。アゴが痛い、口が開かないなどの症状の他に目の奥が重苦しい、 目がぴくぴく小さく動く、頭痛がするなどの症状も起きてきます。

治療として咬み合せがロックしていることが多いので、奥歯をほんの少し 削ったり、マウスピースを入れて咀嚼運動時の引っかかりをとったりします。 「習慣化された癖」を注意することにより、アゴのかかる力を軽減できます ので症状を楽にすることができます。

皆さまに是非読んでほしい本

顔・からだバランスケア・・・お口の健康を保つために(筒井照子著)

という患者様用に書かれた本が発売されました。歯科というと主に虫歯や歯周病を治すイメージがありますが、実際は多岐にわたって治療が行われます。その中でもアゴの痛みを治す顎関節症の治療や歯並びを治す矯正処置もその1つです。

筒井照子先生は矯正専門医という立場から「態癖」が歯列不正に大きく関与し、しいては顔の歪み、体の歪みにつながると以前より警告してきました。実際に咬み合わせがうまくいっていないと、体調にも響いてきます。

その1つに、歯も長年使用することにより、食物をすりつぶす歯の溝がすり減ってなくなり、咬みわせが低くなります。その結果、余計に力をかけて物を咀嚼しようとしてしまいます。たとえれば切れない包丁で物を切ろうとすると、力をつい入れすぎてしまうことのようなものです。

最近雑誌などでも取り上げられているアンチエイジングという言葉は口の中にも当てはまります。すこやかなお口の加齢対策を考えるべきと著書でも述べています。他にもたくさん症例と解説が出ております。ご自分でも口の周囲に気になる症状があるが、はっきりわからないなどの方も「態癖」によって自分でバランスを崩していることがあります。

鈴木歯科クリニックの待合室にも置いておりますので、是非ご覧になってください。また希望される方には貸し出しも行っていますので、受付の柏倉にお声をかけてください。

 態癖についてお知りになりたい方はこちらから

顎が外れる・・平成23年10月30日読売新聞より

アゴがよく外れてしまう症状について

 

大きな口を開けた時にアゴが外れる患者様がいらっしゃいます。診療室でお口の型をとったりすると外れる事があります。そういう方は家でもあくびをしたり、大きく口を開いた時に外れる経験がある方です。

 

過去に何度も外れた経験がお持ちの患者様ですので、ある意味習慣性のものです。正式には「顎関節脱臼」と呼ばれます。歯科医師もドキッとはしますが患者様にリラックスしていただき口の緊張を解いてもらいますと、カクッとして元の状態に戻ることがほとんどです。

 

症状はアゴが外れてしますと、当然苦しいですし、唾液が止まらなくなってしまいます。

 

どうしても戻らないときにはヒポクラテス法と呼ばれる方法を用います。どういう方法かといいますと、両方の親指を下顎臼歯咬合面に置き、口腔外の両手の他の指で下顎を支えます。この状態で、まず臼歯を下方へ押し、次いで後方へ導く。下顎頭が下顎窩に引き込まれるのを感じたら前歯部を上方に回転させ、下顎全体を手前に引きます。下方へ押したあとで後方へ導くのは、下顎頭と関節結節が衝突して損傷することを避けるためでです。

主に関節窩が浅い時におこり、入れ歯など長期に装着して顎関節部がすり減っているときにも起こります。口を大きく開けないなど注意していれば予防をすることはできますが読売新聞では外科的な手術での改善にも言及しています。読売新聞よりhttp://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=38067

他にも殴られた、交通事故、転んで強くぶつけたなどの外傷も原因になります。

 

 

 

 

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック