求人バナー1.png

   

見えなかったことで気づかなかったこと

歯科治療において「目」はすべてについて必要不可欠のものです。

今までの治療内容をマイクロスコープによって確認すると愕然とすることがわかりました。現在根管治療、CR治療に使用しておりますが将来的にはすべてのケースに使用していきたいと思います。

衛生士は3倍の拡大鏡を使用して、スケーリングやSRPをしており、簡便さでは3倍の拡大鏡に優位性があるのですが、明るさや拡大率などはマイクロスコープ使用の方が優れています。

治らなかった根管治療は実は歯根破折をおこし、本来は抜歯すべきことがわかったり、またCR処置も精度があがり審美的な治療が可能となります。

マイクロスコープによる根管治療

以前に歯の痛みなどの原因で歯の神経をとった歯が、再度痛みや腫れなどが起きることがあります。治療として以前行った薬を除去するのですが、肉眼ではなかなか難しいことがあります。

実際マイクロスコープにて拡大してみてみると、神経の残骸が大きく飛び散り、根管にこびりついていることがあります。 マイクロスコープで拡大した状況下では、視認しながら正確に除去することが可能になります。

レントゲンでは問題がないのに痛みが続いたり、歯の神経をとっているのにも関わらず熱いものがしみたりという時には、3倍から20倍という拡大した状況で、根管をクリーンな状況にすると治癒に至ります。

またクレンチングという普段何気なく噛みしめ続けると、歯に負担がかかり微小な亀裂が入り、そこから感染がおこり、やはり熱いものがしみて痛いということが起こります。

亀裂も拡大した状況では確認しやすく、痛みの原因がよくわからないなどの時にマイクロスコープは力を発揮します。

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック