求人バナー1.png

   

メンテナンスの重要性

 


自分では落とせない汚れがあるのはご存知ですか?


 

実は、プロでないと落とせない汚れがあるんです。

 バイオフィルムといって、これは歯ブラシじゃ落とせません。

歯医者さんでプロが磨くとツルツルすると思うんですが、それはバイオフィルムをとったからなのです。

3〜4ヶ月すると、これがまた出てきてしまいます。ハブラシでは取れないので、プロが診るのが大切なのです!

 

s.jpg

 

虫歯や歯周病は細菌感染によって起こります。歯の表面や歯周ポケット内部のプラークが熟成して形成される細菌が作った膜・バイオフィルムが主な原因です。

バイオフィルムは排水溝のぬめりのような物で、細菌がフィルム状のバリヤーに覆われているため、生体の防御メカニズムで細菌が排除されないだけでなく、抗生剤や殺菌剤などの化学治療も効果的ではありません。

PMTCという歯科でのクリーニングは、このバイオフィルムを除去できる効果的な方法です。


 


こうやってクリーニングをします!


 

 

プロが専門の器具を使って、クリーニングしていきます。

3ヶ月に1度のペースで行っていきますが、とても気持ちが良く、本当に眠ってしまう方もいらっしゃるくらいです。

 

 

1、ブラッシング状態、歯ぐきのチェック

s0000-050426-191952.jpg

赤く磨き残しを染めだして、ブラッシングができていないところや磨きにくいところをはっきりさせます。必要に応じて、ブラッシングの指導なども行います。

またPMTC前に歯や歯肉 にどのような問題があるかチェックし、歯石があれば取り除きます。


 

2、ブラシを使い赤いところを落とします

s0000-050426-192057.jpg

水と振動の出るサスブラシというものを使って赤く染まっている汚れを落としていきます。


 

3、超音波を使って歯肉の中のそうじをします

s0000-050426-192306.jpg

このような先の細いチップを使って、歯ブラシでは届かない歯肉の中の細菌を超音波と水を使って洗浄していきます。

この時に歯石があれば一緒に取っていきます。


 

4、研磨ペーストを使って清掃・研磨

s0000-050426-192433.jpg

研磨ペーストを使って、清掃・研磨をしていきます。


 

5、フッ素の塗布

s0000-050426-192559.jpg

虫歯の予防になるフッ素を塗り、より浸透させるため数分間うがいを避けます。


*できれば30分は飲食を控えてください。




80歳の時に残っている歯の本数は??

 



 

80歳の時に残っている歯の本数ですが、

定期的にメンテナンスを受けた人と痛い時に来ただけの人とでは違うんです。

 

 

残存歯数.jpg

2種類の青と赤のグラフです。

青い線が定期的にメンテナンスを受けた人

赤い線が痛い時だけに来た人


痛い時だけに来た人は「80歳で6〜7本だけ」

定期的に来た人は「80歳で15本〜16本」



どうしても人間なので、年齢を重ねると自然と減ってしまいがちですが、それでもこんなに差が出てくるんです。



PMTCの手順

1、ブラッシング状態、歯ぐきのチェック

s0000-050426-191952.jpg赤く磨き残しを染めだして、ブラッシングができていないところや磨きにくいところをはっきりさせます。必要に応じて、ブラッシングの指導なども行います。

またPMTC前に歯や歯肉 にどのような問題があるかチェックし、歯石があれば取り除きます。

 

2、ブラシを使い赤いところを落とします

s0000-050426-192057.jpg水と振動の出るサスブラシというものを使って赤く染まっている汚れを落としていきます。

3、超音波を使って歯肉の中のそうじをします

s0000-050426-192306.jpgこのような先の細いチップを使って、歯ブラシでは届かない歯肉の中の細菌を超音波と水を使って洗浄していきます。

この時に歯石があれば一緒に取っていきます。

 

4、研磨ペーストを使って清掃・研磨

s0000-050426-192433.jpg2種類の研磨ペーストを使って、清掃・研磨をしていきます。

  • ブラシで歯の表裏の汚れを落とします。
  • 三角形チップで歯間部を磨きます。
  • やわらかいシリコンラバーのカップで歯の表面、歯肉の間の研磨をします。
  • 山形のブラシで落としにくい咬合面の溝をきれいにします。細かい部分まで全てきれいにします。 

5、フッ素の塗布

s0000-050426-192559.jpg虫歯の予防になるフッ素を塗り、より浸透させるため数分間うがいを避けます。

*できれば30分は飲食を控えてください。

たばこのヤニや、お茶やコーヒーの着色もきれいになります☆

    術前               術後

   s3115-100217-091334.jpg   ⇒ s3115-100217-102621.jpg

通常のクリーニングは30分から1時間弱、1回で終了です。

着色が多い場合、超音波スケーラーなどで細かく汚れを落としていくため1時間から1時間半は処置時間を見ていてください。

長年メンテナンスでクリーニングを受けている患者さまの声

3846-100716-102133.jpg30代男性

歯を1本初めて失いました。それまで歯はあるのが当たり前だと思っていましたが、歯を失い歯の大切さをつくづく感じました。それからは、3か月に1度メンテナンスを受けて、残った歯の健康を維持しています。

歯を失う前に鈴木歯科クリニックに来て予防していればよかったと後悔しています。

 



70代女性

初めは、左下の奥歯に違和感を感じてこちらに来院しましたが、来院した時には歯周病が重度に進行していました。その後、歯周病に治療を衛生士さんにしてもらい、重度にまで進行していた歯を衛生士さんに助けてもらいました。本当に鈴木歯科クリニックに来て良かったです。

それ以来、3か月に1度メンテナンスを受けて、お陰様で体も健康で過ごせています。

いつもありがとうございます。

 



60代男性

メンテナンスは一言で言うと[安心感]です。

私は歯磨きをしているつもりですが、メンテナンスに来て汚れを赤く染めてもらうといつも赤く染まり、実際は汚れが残っています。

衛生士さんに磨き方のアドバイスをもらって、きれいに掃除してもらって、とっても気持ちいいです。

毎回虫歯や歯周病のチェックもしてもらえるので、毎回健康であることを確認できて、とっても安心して過ごせています。

 



歯科衛生士 福田より

患者様の声ということで、心良くお答えいただいた患者様ありがとうございました。今回お答えいただいた患者様は、皆さん長年メンテナンスに来院されている患者様です。来院された時にはいつも楽しいお話をしていただき、私も毎回お会いできるのを楽しみにしております。患者様は健康であることを確認され、私は担当している患者さんが元気に来院され、健康で過ごされている様子を拝見して安心しております。

 



メンテナンス歴5年 女性

s4277-100710-100804.jpg定期的にクリーニングを受けるようになって5年。

ご主人は歯並びが悪く、虫歯も多い方で、お子さん2人も虫歯になりやすく、実家の近くの歯医者さんで治療していたそうです。

 

しかし削ることが多く、歯並びか悪いので1人のお子さんは歯科矯正を小学1年生から始め、高校生になっても矯正が続いたそうです。

 

その矯正歯科医院はあまり説明をしてくれるところではなかったようで、自分は他の歯医者さんに行こう!と決めて、たまたま銀歯が取れて来院したのが[鈴木歯科クリニック]だったそうです。

 

主人も子供も歯の治療にお金もかかり、「自分は歯を大事にしよう!」と考えていたところ、院長の「残った歯を大事にしていきましょう!」という言葉を聞いて、そういう考え方もあるのだなと思い、まめに通うようになったそうです。

 

他にも「スタッフのみなさんがあいさつしてくれる」

「さりげなくパソコンで情報を提供してくれる」

「細かく気遣ってくれる」という点でも気持ちよく通わせてもらっています。とのことでした。

                                          担当衛生士:杉沢 

 



メンテナンス歴 8年 男性

s1186-080205-110211.jpg鈴木歯科クリニックが開業した頃から来院されているSさん。

当時勤めていた会社が当院の近くにあり、歯が痛くなったのがきっかけで鈴木歯科クリニックに来院されたそうです。

昔は悪くなったら治すのを繰り返してしたため、歯も何本か抜いたし、銀歯になり、歯もガタガタになってしまったと少し残念そうにお話されていました。

当院で歯の治療がすべて終わり、通院もこれでおしまいという時に、定期検診があることを初めて教えてもらい、それからずっと定期的にメンテナンスに通うにようになったそうです。

当院に来院されたから15年、メンテナンスを始めてからは1度も虫歯にはなって歯の治療をしたことはありません。ご本人も歯が長持ちしていることにビックリされていました。

 



 メンテナンス歴10年 21歳 女性 Tさん

おばあちゃんの家が近いので、小さい時から虫歯の治療で通っていたTさん。歯肉炎で歯ぐきから出血もしやすいので、小学4年生から定期的にクリーニングをするようになりました。大学生になった今でも、休みの日を利用して、来院されています。

Q、小さい時はご家族から言われて来院されていたと思いますが、大学生になった今でもメンテナンスを続けていらっしゃる理由はなんですか?

「昔から通っているので、ずっと知っているのですごく通いやすいのもありますし、習慣になっているのでハガキがくると行かなきゃ!と休みを利用してすぐ予約をするようにしています。クリーニングすると、スッキリしてとても気持ちが良いです。」

 

担当歯科衛生士 杉沢より 

小学生の時は虫歯を治しましたが、大人の歯が生えてからは1回も虫歯の治療をしたことがないなんて、定期的にクリーニングに通っているおかげですね★Tさんは歯肉炎になりやすいようなので、この調子でブラッシングを続けていってください。次回の来院お待ちしております。

 



メンテナンス歴 4年 50代 女性

S1780-041210-090012.JPG

Q,メンテナンスを続けていこうと思ったきっかけはなんですか?

 「若い時は歯の大切さをわかってもいなかったし、気にもしていませんでした。歳をとっていくにつれて、クリーニングしていけば歯も長持ちするんじゃないかと思い、続けています。」

 

Q,クリーニングの感想は?

「クリーニングするとすっきり感もあるし、安心感もあります。昔は歯ブラシしか使っていませんでしたが、通うようになってからは歯ブラシと糸ようじの両方を使うようになって、歯にも関心をもって気にするようになりました。」

 



 

 

 

定期健診(クリーニング)の大切さを知ろう

料金  ・メンテナンス 15分程度(PTC+フッ素)  3500円程度

     ・ヤニ取り  30分〜60分           10,500円

 

 

 

「8020運動」をご存じですか?

8020運動とは、80歳で20本以上自分の歯を残しましょう!とうい運動です。20本歯が残っていれば、入れ歯を使わずに自分の歯で食事ができ、健康でいられるためです。また活動的で寝たきりも少ないという報告もあります。

 

では実際80才の歯の平均本数は何本でしょうか?

人の歯の本数は親知らずを入れると最大32本。通常28本歯があります。

本数.jpg

歯の本数が多い国の定期健診やクリーニングを受けている人の割合を見てみましょう!

メンテ率.jpg

 

 

歯の本数の違いは「むし歯になってから歯医者に行ったのか」「虫歯にならないように歯医者に行ったのか」の違いだと言われています。歯を残すためには1〜3か月に1度の定期的にクリーニングを受けることが大切です。

欧米では、治療ではなくこの予防歯科に力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上しました。下のグラフのようにしっかりメンテナンスを受けた方と受けなかった方とでは80歳になったときに約9本の差がついているのです。

 

 残存歯数.jpg

歯は治療を繰り返すたびに寿命が短くなっていきます。1本の歯に対して、小さいむし歯から始まり、全体銀歯を被せるなど5回近く治療すると歯はダメになってしまい、歯を抜くリスクも高くなると言われています。

鈴木歯科クリニックでは「病気」を治すという今に目を向けるのではなく、自分の歯で食事ができる「健康」という未来を見て、患者さま1人1人の健康のお手伝いができるよう取り組んでいます。 

着色をきれいに★

このように歯の表面についた着色もクリーニング(PMTC)で、

痛みなく落とすことができます。

  

s2899-100330-160809.jpg  術前

s2899-100330-165429.jpg 術後

  

それでも黄ばみなどの着色が気になるようであればホワイトニング処置になります

メインテナンスは3〜4ヶ月がオススメです。

メンテ.jpg

虫歯や歯周病は細菌感染によって起こります。口の中は排水口のヌメリと同じように、歯の表面に細菌がフィルム状のバリアー(バイオフィルム)を作り、これは歯ブラシで取ることができません。

歯科医院で定期的に、PMTCというクリーニングをすることで細菌を除菌して、お口の健康を維持していきましょう。

 細菌は3〜4カ月で元の量に戻っていくので、定期検診は3ヶ月未満がオススメです。


クリーニング前の口の中の細菌量↓

細菌術前.bmp

丸型や棒状の黒く見えるものは、口の中の虫歯菌や歯周病菌です。ほんの少しのプラー区の中にたくさんの菌がいます。

  

クリーニング後の口の中の細菌量↓

細菌術後.bmp

 

歯周病菌や虫歯菌は嫌気性菌のため空気に触れると、次第に死滅していきます。クリーニングの際、水の出る超音波を使って掃除するので細菌量もかなり減り、動かない状態になります。

 

メンテナンスをしている患者さまの感想

・クリーニングしてもらっている時とても気持ちよく、気になっている茶渋も落としてもらえるので満足しています。

・歯茎が引き締まるのがわかる。

・定期的にメンテナンスしてもらうといつもスッキリしていて気持ちいいです。

・歯がビックリするくらいツルツルになります。

上山市 Kさん 女性



・ぬるぬる感がなくなって気持ちがいいです。

・口の中のにおいが消えました。

・虫歯を作らないようにしなちゃ!という気持ちになりました。

山形市 Sさん 男性



・自分ではなかなか綺麗にそうじできないので、メンテナンスをしていると綺麗にスッキリするのでとても安心できます。

・いつまでも綺麗な歯でいたいのでメンテナンスを頑張っています。

・わからないことを教えていただけるので助かります。

山形市 Sさん 女性 学生



・3か月に1度定期的に歯医者でそうじするのが、生活の習慣になっています。

・子供たちにも歯を大切にしてもらいたいので同じようにクリーニングさせています。

・子供たちはメンテナンスしているので歯医者で治療したことがありません。

山形市 Kさん 女性 主婦



バイオフィルムとは??

虫歯や歯周病は細菌感染によって起こります。歯の表面や歯周ポケット内部のプラークが熟成して形成される細菌が作った膜・バイオフィルムが主な原因です。

バイオフィルムは排水溝のぬめりのような物で、細菌がフィルム状のバリヤーに覆われているため、生体の防御メカニズムで細菌が排除されないだけでなく、抗生剤や殺菌剤などの化学治療も効果的ではありません。

PMTCはこのバイオフィルムを除去できる効果的な方法です。

s.jpg

PMTCに入る前に出来ればした方がいいこと

1.歯周病治療後にPMTCを行う方

かみ合わせや虫歯の問題はありませんが、歯ぐきに問題がある場合には、ある程度の改善を行ってからPMTCを行います。

 

2.全ての治療終了後にメンテナンスとして行う方

歯周病、虫歯、かみ合わせ等(矯正など)、インプラントなど、全ての治療が終了してからメンテナンスとしてPMTCを行います。

 

3.PMTCのみ行う方

特に問題なければ、予防処置としてPMTCを行います。

10年間メンテナンスを受けられている患者様の声

山形市の鈴木歯科クリニックの衛生士福田です。 

当医院で10年間メンテナンスを続けられている患者様の声をご紹介いたします。

 

35歳女性

私は、10年近くお世話になっています。治療はほとんどなく、クリーニングを3か月に1回ペースで通っおてもています。

スタッフの皆さんもとても親切で、良い歯医者さんに巡り会えて良かったと思っています。

子供も矯正もすすめてもらい、今では歯並びがとてもきれいになりました。

親子共々良かったと思っています。

 

衛生士福田よりかわいい

今回、お声をいただいた患者さんは、約10年間メンテナンスの来院されております。歯の着色を気にされて来院されていましたが、定期的にクリーニングされることで、なんと10年間虫歯に1本もならずに健康な歯を維持されています。本当に素晴らしいです!

お母様の願いで、子供さんには健康な歯を!!ということで、当医院で矯正され予防もされております。

健康な歯は、一生涯の宝です!!

家族で健康で楽しく過ごせるように、ご家族みんなで予防!!オススメですよわーい(嬉しい顔)

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック