求人バナー1.png

   

いつも治療後によく説明していること

1、神経のある歯を削った後について

  虫歯を残さず削ってしまうと深く掘ることになるので、歯の中心の存在し痛みの原因である歯の神経に接近します。その結果、治療後に「歯がしみる」ということがあります。もちろん処置後、歯がしみないようにコーティング剤を塗布して極力しみないようには配慮しております。ただそれでも削った深さに関係してきますので、場合によってはしみることが多少残ることがあります。その期間はまちまちで、すぐに消える方や、全然しみない方がほとんどですが、2〜3か月かかる方もおります。どうしても気になったり、しみる程度が強い場合は、もう一度の処置になりますが歯の神経を除去する処置をおこない、再度歯を修復します。

2、歯の神経を除去した後の痛みについて

  やむおえず、 歯の神経を除去した後の注意事項として、舌でさわったり、押したりしないでください。削ることによって形が変わり、気になったり痛みがないか確認するため頻繁に舌で触る方がいらっしゃいます。歯の神経をとっても痛みが出ることは希なのですが、頻繁に舌で触るとゆすられることになり、痛みにつながることがあります。決してなめたり、さわったりしないでください。またわざと硬い食べ物と咬んで痛みの確認をしないでください。歯の神経のとった後はそっとしておくのが1番です。

3、歯周病の治療にあたって

  「歯がしみる」「歯ぐきが腫れる」「歯ぐきから血が出る」などの理由で、歯周病の治療を開始する患者様は、次の4つのことが治療後におきるマイナスの部分があることを御承知ください。@歯石を取ることは歯の表面もすこし削ることになるので、その結果歯がしみるかもしれない(爪についた汚れをこすってとろうとすると、汚れだけでなく爪の表面がすこし削れてくることを経験したことがあると思います)A歯石を除去することで細菌の層をはがすことになるので、歯ぐきの腫れがひき、歯の間がすいたようになりますが(歯間ブラシを使用すると顕著になります)、悪くなったわけではなく、よくなった証拠でもあるので気にしないでください。ただ隙間が大きいと審美的にはよくなく、サ行などの音漏れにもつながります。これは歯石が多くついていたり、歯周病が重度に進行しているかたに見受けられます。

  B歯石除去中の痛みですが、表面麻酔薬を塗りながらなので、気にならない程度の痛みだと思います。ただ痛がりの方やたくさん歯石がついておりガリガリ削って歯石除去をしなければならない方は、麻酔の注射をしてから処置を行います。C通院回数は初期治療と呼ばれる1回目の検査、ブラッシング指導、PMTCと呼んでいる全体のクリーニング、歯石除去、2回目の再検査などで6〜7回かかります。その後歯周病の治癒状態により次のステップに入るか判断します。歯周病初期から中程度の方は、たいてい初期治療で終了します。ですから歯周病治療は、早めに開始されることをお勧めします。

4、前歯に保険の差し歯をセットされた時 (レジン前装冠)

  通常は欠けることや壊れることはないのですが、かた焼きのせんべいやするめなどの歯ごたえのあるものを、保険の差し歯で咬もうとすると、白い部分がはがれてしまうことがあります。これは白いプラスチックのような部分とそれを支える金属部分がもともと付きにくい材料であるからです。はがれたら修理は可能ですが。1度はがれてしまうと同じことが起こりやすく、補修した部分が目立つこともあります。硬いものを咬みきるときは十分に注意してください。

5、抜歯後の注意

  抜歯後空洞になった部分に、食物残差が入り込まないようにわたのようなものを差し込みます。この材料は自然に歯ぐきに置換されていきます。ぶくぶくうがいなどでとれやすいので、注意してください。なお1度取れたら再度の差し込みはしませんので、とれないようにしてください。(とれても特に問題はありませんが)

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック