求人バナー1.png

   

何度も歯根治療しても治らない時には

歯根切除歯根端切除治癒後

    (歯根端切除後)              (歯根端切除治癒後)

なかなか治らない歯根治療があります。その理由として歯の歯根が曲がっていたりして治療

が困難であったり、歯科医側の技術不足だったり、1回目の治療の際に細菌感染してしまったりと原因は様々です。


通常、歯の歯根治療を行ったがうまくいかず、腫れや痛みが出てきた場合には再度歯根治療を行います。(根管治療と呼びます)

 

ほとんどが再治療をおこなうことで治癒するのですが、中には痛みや腫れがひかない時があります。それは根尖の方で細菌感染が進み、のう胞になっていたり、バイオフィルムと呼ばれる状態になり、菌がいくつも階層状態になっているからです

 

この場合、通常の歯根治療(根管治療)をおこなっても治りません。度重なる治療を繰り返しても無駄になることがあります。

 

根管の清掃が不要なまでにきれいに洗浄しても、腫れや痛みがひかない時には「歯根端切除」と呼ばれる外科処置が必要になってきます。

 

麻酔後、歯ぐきをを切り、原因となっている歯根の先端4mmを切り取りますそして切り取った部分は捨て、残った根管に逆側から薬をつけていきます。時間は約1時間くらいはかかります。

 

できれば何ヶ月も根管治療を続けるのではなく、治癒しなければ早めに見切りをつけて「歯根端切除」を行います。上記写真はマイクロスコープ下で拡大して「歯根端切除」をおこなった直後と術後1カ月です。

 


術後の腫れも、歯槽骨と呼ばれる骨を削らずに済む事が多いので、少しの腫れで済みます。抜歯を避けることができるということと、不要な根管治療をせずに済むということが1番のメリットになります

 

 

欠点として、治癒後は歯ぐきを切った所は白い線状に傷跡が少し残ります。また病巣が大きすぎたり、歯根のう胞と呼ばれる病態になっているときは治癒が望めませんので、抜歯が適応になります。

 

 

なお、歯科医が行う根管治療の多くは再治療ですので、歯の神経処置を行う1回目の時に感染を起こさないように、しっかり治療することが大切になります。

 

マイクロスコープを利用した根管内異物除去

根管内根管内異物除去後

  (破折したファイル除去前)    (破折したファイル除去後)

 

 
歯根治療中に起きる偶発症として、リーマーやファイルの折れ込みがあります。これは歯根治療である神経の残骸や感染物を除去する際に、歯科医師が清掃器具を誤って折れ込んでしまうことです。

 

特に問題を起こさないことが多くあるのですが、上記写真のような歯根先端が膿んでしまっている場合は、必ず取り出す必要があります。

 

もともと歯根の先端は歯ぐきの中にあり、しかも直径が細く、湾曲しているため肉眼では見えません。清掃器具は細いステンレススチール製やニッケルチタン製が多いので、金属疲労により、突然折れ込んでしまうことが起こるのです。

  

 しかも折れ込んでいるほとんどが歯根が曲がっている部位で起きており、ファイル除去はより難しくなります。

 

 折れ込んだ器具をとりだそうとして、さらに器具が折れ込む2次遭難のようなこともおこります。

  

なんとか除去しようとして、無理を重ねてしまうと歯根先端に穴をあけてしまい抜歯につながることさえあります。通常どうしても取れない時には歯根端切除術という外科処置がとられます。

 

上記写真はマイクロスコープを使用してとりだしています。歯根先端は根尖病変と呼ばれる半円形の黒く透過像を呈しています。またねじのような部分が2oほど先端で折れ込んでいます。

 

 ですから歯根治療において、器具を折れ込まないように治療を心がけることが大切です。ただ、ある意味避けられないことの1つでありますので、まずはマイクロスコープを用いて除去を目指し、難しいようであれば歯根端切除をおこないます。 

 

また無理をして取り出そうとしますと抜歯につながることがありますので、ファイル折れ込みが起きた時に、除去を目指す必要があるかどうか見極めが重要です。

長引く歯の痛み(歯根に穴が開いてしまった)

MTA

                   (上記写真はMTA)    

歯を削るという再治療を繰り返すことで歯根の1部に穴(パーフォレーションと言います)が開くことがあります。また歯根が曲がっているため、治療の際に穴(パーフォレーション)が開いてしまうこともあります。長引く痛みや腫れの原因の1つです。

 

一般に歯根の穴(パーフォレーション)の封鎖はとても難しく、封鎖しきれないことが多いと思います。その理由として歯根そのものが見えずらいし、その部分を限定して封鎖するのが難しいからです。また封鎖材料が歯根につきにくいこともあります。

 

きちんと封鎖をしなければ一時的に腫れや痛みが治っても、再度細菌感染が起こり、腫れや痛みにつながります。患者様によっては「痛みや腫れはないのだが変な臭いがするとか、酸っぱい味がするので気になる」という理由で来院することもあります。

 

穴の大きさにもよるのですが、対処法としてMTAと呼ばれる生体親和性の良い材料で穴を緊密に封鎖することで、治癒することが可能になります。0.1パーセント膨張することで封鎖性もあがり、しかもPHが高いので硬組織の誘導を促し、治癒へ導きます。



使用するにあたり考慮しなければならないことがあります。再治療をおこなっているため、大抵は穴があいているだけでなく、歯も薄くなったりと強度がもくなっていることが多いということです。


腫れや痛みが消失しても、歯として再度使用できるのか、しっかり咬めるようになるのか、壊れたり、外れたりしないのか、どのくらいもつのかを合的に判断することが大切です     

痛みの意外な原因「歯に亀裂が入っている」

患者様に前歯にひびが入っているのだが心配いりませんか?という質問を受けることがあります。ほとんどは浅い部分(表面上)の亀裂ですので問題はありません。マイクロスコープで見ていますと歯に亀裂がある方はとても多いと思います。

 

ただ歯の痛みにつながることもあります。それは歯ぎしりやくしばりなど強い咬み合わせにより、表在性の亀裂から歯の深部まで進行した時におこります。

 

歯の痛みの原因は数多くありますが、そのほとんどは虫歯などが原因で、肉眼でもレントゲンでも確認することができます。一般に歯の亀裂は肉眼では見えずらく、レントゲンでもわからないので亀裂の進行程度を判断できません。

 

亀裂が進行しますと虫歯がないにも関わらず、「歯がしみる」という訴えで来院されます。虫歯がありませんし、歯がしみるという軽度の症状ですから、知覚過敏と混同します。ですから知覚過敏処置である薬剤塗布をして経過を見ることになります。

 

ただ1度入った歯の亀裂は反復する咬む力で亀裂が深くなりますから、歯の中心に向かってさらに亀裂が進行しますと歯に痛みが生じます。

  

奥歯に起こることが多く、顔立ちが四角ぽく、体のがっちりした方に多く見受けられます。(咬む力が強い方に多いです)

 

 さらに亀裂が深くなりますと、「ズキズキ痛くて我慢ができない」というところまで症状が進みます。そこで歯科医師は歯の神経をとる作業中に、亀裂が歯の神経のある深部まで到達していたため起きた痛みだと気がつきます。

 

残念ながら亀裂自体を治すことができませんので、痛みの原因が歯の亀裂とわかった時には歯全体を削ってかぶせてしまうということになります。また歯の痛みが強い時には歯の神経をとり、それからかぶせることになります。

 

予防法は夜間に歯ぎしりの自覚があれば、スプリント(マウスピースのような歯を保護するもの)装着をお勧めします。日中に無意識に咬みしめている方も多くいらっしやいますので、意識して上下の奥歯に隙間を作るようにします(行動認知)

意外な原因で歯が痛む(蓄膿症が原因で歯が痛む)

上顎洞炎という病気があります。鼻性と歯性のものと2つに分けられ、俗称を蓄膿症という呼ばれ方をしました。これが原因で歯が痛むことがあります。

 

毎年数名そのことが原因で受診される患者様がいます。レントゲン写真でも異常がなく、痛むエリアの根管治療も問題がなく、歯の周囲にも虫歯がなかったりという状態です。

 

 患者様が歯が痛むので歯科に来院されるのですが、上記の理由で歯科医の方も、迷ってしまうことがあります。もし鼻性上顎洞炎と診断されたことがあり、抗生剤を服用の経験がありましたら申し出ていだたけたらと思います。歯を削らずにすむことがあります。

 

患者様からお聞きした症状は「歯が響いて痛い」、「重苦しい痛み」、「痛くて咬めない」など多様ですが、「鼻が詰まる」などの症状がありましたら、歯科医に伝えていただくと手がかりになります。

 

治療方法はまずマクロライド系の抗生剤を長期少量投与して、消炎をはかります。さらに歯性上顎洞炎の場合は患歯の根管治療(歯の根の治療)ないし抜歯を行うことになります。

 

 

マイクロスコープを使った根管治療

small0000-100109-124751.jpg歯の神経の管を水道管に例えると!!古くなって汚れてしまったパイプは捨てよう!というのは歯科でいう「歯を抜く治療」です。

その古くなって汚れている水道管をきれいに掃除して、長い間使いましょう!というのが「マイクロスコープを使った根管治療」です。

歯の神経の管はものすごく細かく、肉眼で見るのが難しいためマイクロスコープという拡大鏡を使ってきれいに掃除することで歯を抜かずに長持ちさせることが可能です。

歯の神経の治療は最初の1回目が肝心です!健康な歯だからこそ悪くなる前にしっかりとしたマイクロスコープでの治療をおすすめします。

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック