求人バナー1.png

   

根管治療専門医のご紹介

根管治療専門医へのご紹介

 

このたび鈴木歯科クリニックでは、「根管治療専門医への提携」を導入いたしました。

 

そもそも、根管治療ってなーに?と思われる方もおられると思います。

 

簡単に説明をしますと、虫歯によって歯の神経が侵され痛みを感じたり、歯の神経が腐ってしまい、その結果腫れてしまうことがあります。

 

そういった歯の根っこの治療をするために、歯の神経をきれいに清掃、除去するものです。

 

家で例えますと、土台になる部分ですのでとても重要ですよね。

 

どんなに立派な家でも土台がしっかりしていないとダメなように、きれいな白い歯でも痛みや腫れがあれば、やりかえになってしまいます。

 

鈴木歯科クリニックでは今までも各種専門医への紹介をおこなっていました。

 

難しい抜歯だったり、重い持病をお持ちの患者様だったり、口の中にできた腫瘍や大きな外科処置を伴うものは山形大学歯科口腔外科へご紹介しています。

 

また、歯並びに関する時には矯正専門医へご紹介しています。

 

今回その一つとして、根管治療専門医への紹介および提携を始めました。根管治療は、歯の痛みや腫れにつながる重要な治療です。ただ、残念ながら再治療を施したにも関わらず、腫れや痛みがひかず抜歯にいたることも多々あります。

 

ダメになったら抜歯してインプラントや入れ歯、ブリッジなどの代用を考えるのではなく、ご自分の歯を治せるものならしっかり治したい!と思われる方も多いと思います。

 

また、そうならないために初めから根管治療専門医に歯の神経の治療をしてもらうのが1番ベストです。。

 

医科では、内科、外科、眼科、耳鼻咽喉科、小児科、皮膚科など様々に科目が分かれています。歯科の分野でも、歯科口腔外科、小児歯科、矯正科だけではなく、様々な科目に分化すべきだと私は感じています。

 

例えば、インプラント、入れ歯、審美歯科、歯周病なども将来的には細分化と専門化になっていくと思います。

 

従来のような「全体の歯科治療レベルが70点の治療ではなく、1つの歯科分野で90点以上を目指す治療にするには、専門別に治療をおこなうべきです。

 

先ほど申しました通り、根管治療は「家を作る」ことで例えるならば、土台にあたる部分です。

 

どんなに立派な家を建てても、土台がしっかりしていないと崩れますよね。また、土台に不具合があれば壊して、もう一度やり替えしなければなりません。

 

ですので、根管治療はとても大切な治療になります。

 

鈴木歯科クリニックでは、悪くなったら治すというようなその場しのぎの治療は「結局、歯をダメにするもの」と考えています。

 

今後、歯の根っこの治療をしっかり治したいという方には、根管治療専門医へのご紹介をおこないます。

 

もちろん、鈴木歯科クリニックで治したいという方は従来通り根管治療を当医院でおこないます。

 

鈴木歯科クリニックでは「患者様にとってベストの治療を選択できる取り組み」をお伝えしたいと思っています。

 

 

私はリーズナブルに誰でも受けられる保険診療は素晴らしい仕組みだと思っています。その反面、自費診療でもいいのでもっとしっかりした治療を受けたいと思われている方もおられます。

 

そういった患者様に自分の望む歯科治療を選択して欲しいと思っています。

 

悪くなったら治すという従来の歯科治療では生涯自分の歯を保てません。

 

大切な歯を治すと決意したならば、一発で仕留めましょう!

 

なお、2名の歯科医に診てもらうと「何かあった時に、責任の所在がわからなくなってしまうのでは?」とか、「どっちの歯科医に相談すればいいの?」という声を聞いたことがあります。でも、依頼するは鈴木歯科クリニックですのでご安心ください。

 

ご不安があれば私に何でも相談してくださいね。

 

自費診療で製作した「歯」に関しては、鈴木歯科クリニックでは5年保証をしております。(当医院に責任がない場合はその限りではありません)

 

根管治療専門医(歯の神経の治療)

_sDSC3145_b.jpg

青山昇先生

青山歯科医院 http://www.aoyama-dentalclinic.jp/index.html 

2015年Penn Endo Program in Japan 6期 修了

ペンシルバニア大学Micro Surgery Course 修了

 

(鈴木)

_sDSC3197.jpg

保険の根管治療と自費の根管治療っていうのは違うと思っているんです。

私も自費の根管治療は行ってますけれども、よりトレーニングを積んだ青山先生にお任せした方が、より高度な根管治療が出来ると私は思ってます。

ですから、一番自分にとって一番いい診療したいっていう患者様にとっては、青山先生の根管治療してもらい、その後、私が補綴処置(かぶせ物の治療)したいと思いました。

もうこれからの歯科は、お医者さんで内科・皮膚科・眼科ってあるように、歯科治療を細分化して、その専門家がすべきだと私は思ってて、山形では誰もいらっしゃらないんですね。

ですからそのパイオニアとして、青山先生にはやって欲しいっていう想いもあるんです。

「地方だから仕方がない」っていうことじゃなくて、都会のように、同じ診療を受けられる。遠くへ行かなくても、山形でも東京で受けるような診療を受けられる場を作りたいですね。

 

(青山)

_sDSC3234.jpg

 

僕自身が一番、専門医になろうと思ったのは、やっぱりグループプラクティスをやりたいっていうのが一番の最初のきっかけで、最高の治療を提供するにはそれぞれのプロフェッショナルが集団になって、患者さんに提供してあげるのが一番かなと。

で、そのためにはやっぱりスタートとして、自分がそういう資格を持って専門医としてやらないことには、同じ考えを共感してもらえる人を集められないだろうと思いました。

それがスタートで、最初のとっかかりとして自分が…まあ興味もあったっていうのもありますけど、歯内療法の専門医を目指したというのがスタートになります。

_sDSC3275.jpg

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック