お悩み別に探す

どの様なことでお悩みですか?

虫歯になってしまった

浅い(小さい)虫歯の場合

  • 「検診で虫歯と言われた」
  • 「歯がちょっと沁みる」
  • 「歯が黒くなっている気がする」
  • 「虫歯はたくさんあるが、それほど痛くない」

当院では少しでも歯が長持ちするように「なるべく削らない」ことを大切にしています。それを実現するために、検査・診断を非常に重視しています。目視での診査に加え、う蝕検知液を使用することで虫歯の進行度を正確に把握することができ、歯を無駄に削ることがなくなります。初期であれば、比較的早く治療も終わります。

また、目では見えにくい部位の虫歯が進行している場合もあります。歯を守るには早期発見が大切です。しばらくレントゲン撮影などを行った詳しい検診を行っていない方は、痛みがなくても受診されることをお勧めしています。

深い虫歯、歯冠修復(かぶせもの・つめもの治療)

  • 「虫歯と言われてから、ずっと放置してしまっている」
  • 「強い痛みが出てきてしまった」
  • 「虫歯は進行しているけど、痛みはない」
  • 「歯が根っこしか残っていなくて、怖くて歯医者に行っていない」

痛みが出るまで進行した虫歯は、とにかく早急に治療することが大切です。手遅れになると抜歯する可能性が高くなってしまいます。しかし、早く行ったほうが良いのは分かってはいても治療に行くのは怖いものです。なるべく痛くない治療を大切にしています。麻酔を打つ際の痛みもほとんどありませんので、ご安心下さい。どうしても怖い方には笑気麻酔もご用意しています。

もちろんなるべく神経を保存するようにしますし、歯を削る量も最小限に留めます。「痛みさえななくなればいい」というスタンスでの治療ではなく、歯を保存することを目標とした治療を行います。治療方法も症状や状態によって適した方法が変わるため、随時詳しい説明・相談をさせていただき、お口の将来を一緒に考えながら治療を進めていきます。

歯が痛い、しみる

何もしてなくても、ズキズキと歯が痛い

この状態になると、日常生活に大きく支障をきたしてしまい辛いですよね。この場合は、虫歯が深く神経まで達している可能性が高いです。そのため歯科医院に行った場合には、神経をとって根っこの治療が必要となることが多いです。

そう言われると、なおさら歯科医院に行くのが怖くなってしまうかもしれませんが、放置すると更に悪化し、最終的には抜歯となってしまう可能性もあります。当院では痛くないように最大限配慮しますので、歯を守るためにも早めのご来院をお勧めします。

冷たいものがキーンとしみる場合

冷たいものを食べた時にしみる場合には、知覚過敏、または虫歯の可能性があります。知覚過敏は、歯ぎしりや、ブラッシング時に力が強すぎることによって、歯の表面が削れたり傷ついた時、または歯肉が傷ついたり、下がってしまったりすると起こります。

また、虫歯が原因でしみる程度は、虫歯が大きいことが多いです。その場合の処置は、虫歯になってしまった部分を削り、部分的に詰める処置で治す場合が多くなります。

どちらの場合においても判断が難しいため、一度歯医者に行き診断を受けることをお勧めします。早めに対処したほうが良いでしょう。

治療した歯が、しみる・痛い

治療を受けたばかりで痛みが出てきた場合には、処置した部位が神経と距離が近いために、しみたり、痛みが出やすかったりします。

治療をしてくれた歯科医師の先生がなんとか歯の神経を残すために、ギリギリの線で治療を行っている場合もあります。治療後に痛みが出たからといって、その先生の腕が悪いとは一概には言えません。もし転院を考えている場合には少し待ったほうが良いかもしれません。

また、虫歯治療で歯を削るときの刺激や熱により神経にダメージを与え、興奮させてしまうことがあります。2〜3週間ほどしみたりすることはあります。他にも、詰め物やかぶせ物を入れた結果、咬み合わせ合っていないことが原因となり痛みが出ることがあります。その場合には、咬み合わせを調整することで改善します。

ただし、かなり痛みが強かったり、しみたりする場合もあります。その場合には、無理に神経を残すのではなく、根の治療を行ったほうがよい場合もあります。

当院でもセカンドオピニオン的に相談と治療を行うことは可能ですので、必要な場合にはご相談下さい。

噛んだ時、鈍い痛みがある

もしかしたら、歯の根の部分が膿んで閉まっていたり、根が割れている(ひびが入っている)ということが考えられます。その場合にはレントゲンを撮影してみないと判断がつきませんし、早めの治療が必要となります。

もしくは噛みあわせの問題で同様の症状が出ることもあります。こちらも、歯科医師による診断をしてみないと判断が難しいです。

もし咬み合わせが問題の場合には、歯を削ることによる咬み合わせ調整や、かぶせ物の再治療、矯正治療などが必要になってきます。まずは相談をされることをお勧めします。

銀歯や変色した歯を白くしたい

  • 「違和感のある白い歯ではなく、自然な色合いがいい」
  • 「せっかくお金をかけるなら、長持ちさせたい」
  • 「腕の良い技工士さんのいる歯医者さんを探している」

当院では、銀歯などの金属を使用せず、セラミックを用いて治療を行う『メタルフリー治療』を推奨しています。セラミック治療は、見た目が天然の歯と見分けがつかないほどキレイな治療が可能です。特に当院が提携している技工士は全国的にも著名な職人で、その仕上がりは素晴らしいものがあります。セラミックの歯は、一見して天然歯との違いは分かりません。

また、セラミックは美しいだけではなく、虫歯の再発を防ぐことにもつながります。素材が柔らかく、精度が高く制作が可能なので、かぶせた部分に細菌が繁殖する隙間ができづらいのです。なので、よくある「知らないうちに、かぶせ物の下で虫歯が進行してしまっていた」ということが防げます。

失ってしまった歯を取り戻したい

歯を失った場合は3パターンから最適な治療を選びましょう

  • 「また好きな物を、我慢ずることなく食べたい」
  • 「違和感のない状態にしたい」
  • 「入れ歯が合わなくて困っている」
  • 「インプラントは怖いから、痛くなくて噛める入れ歯が良い」

歯を失ってしまった場合に選べる治療方法は、インプラント・入れ歯・ブリッジの3種類です。それぞれに一長一短の特徴がありますし、あなたの口・顎の状態や、ご希望、予算によっても最適な治療が異なります。ですので、様々なことを考慮して一緒にベストな治療方法を考えて治療方法を決めていきましょう。

「無理やりインプラントばかりを勧められた」と悩んで転院される患者様もいらっしゃいますが、当院では無理に特定の治療をお勧めすることはありませんので、ご安心下さい。あくまで、口の状態とあなたのご希望を考慮して最善の治療をご提案します。

3パターンの治療法はこちら

インプラント 入れ歯 ブリッジ
治療の種類 インプラント 入れ歯 ブリッジ
概要 歯を失った顎の骨に人工歯根を埋め込み、歯を被せる治療法。 部分いれ歯を固定する為に健康な歯に針金を引っ掛けます。 抜いた歯の周りの健康な歯を削って、かぶせ物を装着します。
当院の特徴 現在、当院で最も選ばれているのはインプラントです。そのため治療経験が豊富です。安全性を重視したインプラントです。驚くほど噛めるようになるので、喜ばれる方が非常に多い治療です。 当院の院長は義歯専属の医局で専門的に入れ歯治療を行っていたプロフェッショナルです。義歯専門の優秀な技工士と提携しており、精密で快適な入れ歯製作が可能です。 お勧めの素材はジルコニアというセラミック素材です。見た目が美しいのが特徴です。全国的に著名な技工士と提携している為、非常に美しく仕上がりが上質な治療が可能です。
長所 ・非常にしっかり噛める
・1本で固定できるため周囲の歯へ負担がかからない
・見た目に天然歯と遜色ない美しさが実現する
・他の歯に余計な負担がかからないため、ほかの天然歯が長持ちする
・保険の入れ歯の場合には、安価かつ早期に治療が可能
・保険適用外の入れ歯の場合には、噛み心地が良い種類もある
・噛み心地が良い
・保険適用が可能
・違和感は少ない
・白く、自然な見た目にすることができる(保険適用外)
短所 ・保険適用外の自由診療となり保険診療より高額(入れ歯・ブリッジも保険外診療なら1本あたりは同等の金額)
・外科手術が必要なため、慢性疾患などを理由に治療が受けられないことがある
・元々の骨がないと出来ないことがある(骨造成も可能です)。
・違和感があり、慣れるまで時間がかかる
・次第に合わなくなってくるため定期的な調整が必要
・咬む力が天然歯の3分の1
・種類によって見た目に入れ歯と分かりやすい場合がある
・両隣のきれいで健康な歯であっても大きく削ることが必要
・支えとする歯に大きな負担をかけるため、いずれ失うことになる可能性が高くなる
・両隣に歯があることが必要

噛んだ時の力の違い(食事の快適さ)

ブリッジや入れ歯も長所がありますが、歯の本来持つ『食べる時の噛みごたえ』『うまく噛める状態』の機能はあまり望めません。インプラントはこれらの機能の根本的な改善が可能な治療方法です。

噛んだ時の力の違い

歯が抜けたままにしておくと・・・

1.歯がない部分と噛み合う部分が、出てきてしまいます
2.隣の歯が、横に倒れてきてしまいます

歯を放置すると、このように咬み合わせのバランスが悪くなってしまいます。こうなると、口の中がバランスを崩して、全体の崩壊につながってしまいます(他の歯も何本も抜けていく将来が待っている。)。そうならないように、早くから歯を失ってしまった部位を補う治療を受けることをお勧めします!

隣の歯が、横に倒れてきてしまいます歯がない部分と噛み合う部分

前歯のすきっ歯、ねじれが気になる

  • 「前歯が気になって、笑えない」
  • 「人と話す時には手で口元を隠している」
  • 「矯正は高額だしハードルが高い」

歯並びでも特に前歯は非常に気になりますよね。強いコンプレックスを抱きやすく、人付き合いに消極的になってしまう方や、内向的になってしまう原因となる方もいらっしゃいます。そんな方々も、歯並びの改善というとワイヤーを使用した矯正治療しか選択肢がないと思われている方が多いのですが、もっと安価かつ短期間で治療することが可能です。

歯ぐきから血が出る、腫れている

  • 歯を失う原因 NO.1
  • 歯周病かな?と思ったら早めの来院を!

歯磨きをした時に血が出る、歯肉が腫れている、歯が伸びた気がする・・・というのは、歯周病の代表的な症状です。この段階で黄色信号だと思って下さい。歯科医院を早めに受診されることをお勧めします。

歯周病というのは、ほとんど痛みなどの自覚症状がないまま進行します。そして、気がついた時には、歯を支える歯が溶けてしまって、最終的には歯が抜けてしまいます。実は、歯周病は日本人が歯を失う一番の理由です。虫歯よりも圧倒的に多いのです。しかし、多くの方はそれを知らず、危機感も持っていません。歯科業界では常識ですが、歯周病の怖さをもっと一般の方にももっと知っていただきたいのです。

早めにご来院いただければ、長期的にも歯を残すことができます。これまで放置してしまっていたからといって、昔の歯医者さんのように怒ることはありません。ですので、安心してご来院下さいね!

歯医者が怖い、痛いのが怖い

  • 「昔、歯の治療で痛かったのがトラウマになっている」
  • 「とにかく歯医者が怖い」
  • 「歯科医師の先生は怒るし、感じが悪いから嫌だ」

歯医者さんに通いたくない理由のNo.1は、「痛いのが怖い」です。そのため子供でも大人でも、安心して気軽に通えるように、極力痛みを軽減する治療を大切にしています。症例によっては、ほんの軽い痛みが出てしまう事はあります。それでも事前に対処することで、ほとんどの痛みは防げます。

また、痛みが再発しないよう心がけてしています。例えば『根の治療』は、回数と時間がかかったとしても再発しないように丁寧で確実な治療を行います。それが、結果的に痛くない治療となります。

歯を守るには、何より早めに通院することです。悪いところを放置しておくと、さらに悪くなってしまいます。もし歯のことで何かお困りなら、このページをご覧になっている今が予約を取るベストなタイミングなのは間違いありません。どうぞ、今すぐ気軽にご予約をお取り下さい。最初にしっかりとお話をお聞きします。あなたの苦痛と恐怖心の軽減を大切にしていますので、怖がりな方や、過去に辛い経験をされた方は事前にお伝え下さいね。

金属アレルギーで困っている

歯の金属の可能性も考えてみませんか?

歯科治療の中で、虫歯などで削ったあとに詰めるものや被せ物、また、それ以外でも、入れ歯の留め金が使われています。金属アレルギーがその金属が原因となって起こる場合もあります。また、被せ物や詰め物を原因として、金属イオンが血流によって、全身に運ばれると、全身性皮膚炎を起こすこともあります。

必ずしも歯が原因ではないかもしれませんが、歯の金属を除去したことで劇的に回復したという方もいらっしゃいます。可能性のひとつとして、セラミック治療を考えてみてはいかがでしょうか?

ページトップへ