bnr_recruit (1).jpg

   

保険の差し歯と自費との違い

患者さまからよく聞かれることですが、保険と自費はどう違うのですか?という質問を受けます。鈴木歯科クリニックでの差し歯(前歯)についてご説明します。保険の前歯は裏側から見ますと金属がベースになっており咬む力によって壊れないようになっています。

前方からはプラスチックが貼り付けており、天然の歯の色を模倣しています。ただ本来金属とプラスチックは付きが悪く、先端1mmは金属で覆われていないため(もし、裏側全体を覆ってしまうと前方から金属の縁がみえてしまい、審美性が損なわれるためです)、前歯の先端で硬いものを咬もうとするとプラスチックが1部はがれて壊れてしまうことになります。修理もできるのですが、もともと付きが悪いため、また簡単にはがれてしまいます。

もう1つの欠点としてプラスチックは吸水するため、年数とともに変色が起こり、黄ばみが生じてきます。例えて言えば、白いプラスチックのまな板をよく使っているところに黄ばみが生じてしまうのことと同じです。装着直後は自費のものときれいさでは変わらないのですが、年数を経るごとに着色が進んできます。利点としては保険治療のため、窓口の支払いが1本あたり約5000円で済みます。

自費の前歯について説明します。欠点はなんといっても高額になるということです。鈴木歯科クリニックでは75000円(消費税別)になります。メタルボンドクラウン(セラミックという表現呼ばれ方もあります)と呼ばれるもので、字の通り金属に付く白い材料を用いて接着させるので、強く咬んだからといってはがれることがまずありません。また変色も起こらないため、年数がどんなに経ってもきれいな状態でいれます。 また強度が十分なため内側の金属部分を少なくすることも可能です。審美歯科の[奥歯の銀歯を白く]を参考にしてください。

前歯を大きく治す必要があるときは、この2つを比べていただいて決めていただきたいと思います。

自費前歯(メタルボンド)

保険前歯

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック