医院ブログ

  • 鈴木歯科クリニックスタッフブログ
  • 院長ブログ
  • よろず相談所

最新のスタッフブログ記事一覧

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ48

今日のヘェーその133

「口」がネバネバして気持ちの悪い方へ

常に口元を閉じて、奥歯で咬んでいませんか?
そんな時には、舌に歯型がついていたり、頬に白い筋
の様なものがついていることもあります。

緊張していると、口元が渇くことで起こります。

そんな時には口を開けたり、ガムをかんだりしましょうね。

今日のヘェーその134

ブラッシングはどのようにされていますか?

シャカシャカ音を立てて磨いてはいけませんよ。

磨く力が強すぎたり、ストロークが大きいと歯が
削れてしまいます。

また、歯の間に毛先をドバっといれて、そこでゆすって
ください。(大きく左右に動かさないのがこつです)

虫歯や歯周病になりやすい歯の間がよく磨けますよ。

今日のヘェーその135

差し歯の根本が黒く見える方へ

2つ原因があると思います。

歯と差し歯の接合部の設定位置が浅い。これは歯科医師が歯を削る際に位置を浅めにしてしまったことが原因です。

オーバーブラッシングと呼ばれるもので、歯茎との境目を強く磨きすぎていることが原因です。

特に、装着している差し歯を金属で裏打ちしていますと、金属色が黒くみえてしまい、余計に気になってきます。

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ47

今日のヘェーその130

歯の神経をとると脆くなりますので、歯が欠けることがあります。

外壁を残して部分的に修復することは、見た目は良いのですが、
かみ合わせが強いと歯が割れて、欠けることがあります。

歯の神経をとった際の基本は、全部かぶせてしまうことです。
(特に奥歯は)

歯の欠け方によっては、抜歯にいたることがありますので、
注意が必要です。

今日のヘェーその131

歯を失った際にはブリッジという左右前後の歯をつなぐ
形式があります。

つないであるため、片方が外れていてもとれることがないため、
気が付くのが遅くなり、虫歯が進行してしまうことがあります。

時には抜歯を余儀なくされることもあります。

酸っぱいような、いやな臭いや味がしたら、外れていること
があるので、かかりつけの歯科医院に受診してください

今日のヘェーその132

虫歯は削ってみないとわかりません。

虫歯の大きさは見た目では推し量れないことがあります。

小さい穴でも虫歯を削ってみると、大きなクレーター状の大きな
穴になってしまうこともしばしばです。

虫歯は、エナメル質と呼ばれる鎧のような硬い組織
を越えてしまうと、象牙質と呼ばれる柔らかい組織の中で、
一気に進行してしまうからです。

見た目ではわかりません。定期検診はやっぱり大切です。

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ46

今日のヘェーその127

口元を絞める癖はありませんか?

口元を絞めすぎていますと、過緊張となり、
場合によっては肩が凝ったり、アゴが痛くなったりといろんな
弊害につながりますよ。

唇と歯の間に空気を吹き込み、「唇と歯の間の隙間」を意識してくださいね。

今日のヘェーその128

昨日歯が痛いという患者様が来院されました。

レントゲン、ならびに視診でも異常なし。咬んでも痛くないそうです。

問診を繰り返していますと、2,3日前にするめなど硬いものを
ずーっと咬んでいたそうです。

こんなことでも「痛いと感じてしまう」ことが起こります。

ちなみに、痛い方で咬むことを休んでくださいと
いうアドバイスだけになります。

今日のヘェーその129

入れ歯は必要以上小さくしてはいけません。

咬む力を分散するために、アゴの土手を利用しているから
です。

小さい入れ歯は違和感は少なくなりますが、バネをかけている
歯には猛烈な負担がかかり、やがて歯を抜歯してしまう事態に
つながります。

ある意味、緩い入れ歯は歯を長持ちさせることになりますね。

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ45

今日のヘェーその124

入れ歯を装着している方で、舌を咬んだり、舌の横が擦れて
痛い方へ。

入れ歯の「人工歯」の位置が悪いことで起きます。

舌側に入れ歯の人工歯が寄ってしまうことで、咬んだり、擦れたり
してしまいます。

「内側の人工歯部分」を削ることで解決します。必要であれば反対側の歯も削って(ほんの少し)調整します。

また、多くは「口が渇いている」ことも関与しています。

ある意味「唾液のぬめり」は入れ歯の快適性にとって生命線になります。

今日のヘェーその125

ホワイトニングを検討している方へ

歯の神経をすでに除去していたり、つぎはぎだらけに歯を治して
いますと、ホワイトニングが難しいことがあります。

すでに歯の神経がない方・・・別のホワイトニング方法で行います

歯がつぎはぎ状態の方・・・強度に問題があるため、差し歯が前提です

他にも利点、欠点などを詳しく知ってほしいと思います。

1度、かかりつけ歯科医院にご相談されることをお勧めします。

今日のヘェーその126

歯科医院でおこなうフッ素は長期間効く訳ではありません。

歯科医院でのフッ素は特別で、歯磨き粉に入っているフッ素とは違い効果が持続すると思われている方が多いと思います。

確かに歯磨き粉に入っている濃度の約10倍と高い濃度ですが、しっかりうがいをしてしまうと流れてしまいます。また飲食でも流れます。

ですから、歯磨き粉を使用して、薄い濃度を毎日、回数多く使用したほうが、歯科医院でたまにおこなうフッ素塗布よりはるかに効果がありますよ。

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

歯科よろず相談所 今日のヘェー まとめ44

今日のヘェーその121

ピアスなどにかぶれる金属アレルギーのある方へ

正確に把握するには、「パッジテスト」という方法があります。

歯科でよくしられる銀歯には様々な金属の合金でできています。

金、銀、パラジュウム、銅、亜鉛、インジュウム、スズなどが入っています。

なるべく金属を使用しない治療法を選択するのも1つだと思います。

今日のヘェーその113

乳歯に着色程度の虫歯があるお子様をお持ちのお母さんへ

見た目は「穴」が開いていなくとも、中では大きく進行している
ことがあります。

ですから、レントゲンやダイアグノデントという虫歯測定器
で調べることをお勧めします。

経験的には乳歯の虫歯は3か月で「穴」になってしまいまいます。

着色程度だからと先送りをしない方がよいと思います。

今日のヘェーその123

乳歯に虫歯のあるお子様がいらっしゃるお母さんへ

乳歯の虫歯を考える際に「生え替わりの時期」を考えて
いただきたいと思います。

前歯は6才から7才と比較的早く永久歯に生え替わりますが、
乳歯の奥歯は10才から12才と小学校高学年まで使用します。

ですので、乳歯の奥歯はしっかり治す必要があるのです。

「乳歯は永久歯へ生え変わるから」ということでなく、乳歯の時にしっかり治しましょう!

※こちらはHPリニューアル前の過去記事のまとめたものになります。
公開日が実際の投稿日と異なることがありますが、予めご了承ください。

山形市で歯医者・歯科医院をお探しの方は鈴木歯科クリニックにご相談ください。

虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・入れ歯などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒990-2445 山形県山形市南栄町1-3-33
TEL:0120-68-1855
診療時間:
午前-----9:00〜12:30
午後-----14:00〜18:45(土曜日は17:00まで )
休診日:木曜午後・日・祝日
駐車場有


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function wp_pagenavi() in /home/kaeruzdesign/dent-suzuki.com/public_html/wp/wp-content/themes/suzukidentv2/archive.php:106 Stack trace: #0 /home/kaeruzdesign/dent-suzuki.com/public_html/wp/wp-includes/template-loader.php(74): include() #1 /home/kaeruzdesign/dent-suzuki.com/public_html/wp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/kaeruzdes...') #2 /home/kaeruzdesign/dent-suzuki.com/public_html/index.php(17): require('/home/kaeruzdes...') #3 {main} thrown in /home/kaeruzdesign/dent-suzuki.com/public_html/wp/wp-content/themes/suzukidentv2/archive.php on line 106