bnr_recruit (1).jpg

   

歯をダメにしない入れ歯を製作するにはその1(バネ編)

部分入れ歯(義歯)製作には2つの観点で考える必要があります。

1つ目は痛くなくしっかり咬めるということ。2つ目は残っている歯も長く使用できるということです。

部分入れ歯(義歯)は外れたりしないようにバネ(クラスプ)をかけますので、残った歯に強いストレス(歯を栓抜きのように抜く力や横に揺さぶる力)がかかります。

長期にわたり強いストレスを歯にかけると抜歯につながりますから、痛くなく、しっかり咬める入れ歯を長期使用できるために考慮する点があります。

それは「入れ歯のバネ」と「入れ歯のフレーム」です。この2つのことを考えておきませんと、次から次へとバネをかけた歯を失い、入れ歯(義歯)の再製作を何度もおこなうことになります。

「入れ歯のバネ」についてご説明します。

部分入れ歯(義歯)では、ある意味「バネ」は必ず必要です。バネの役割は大きく分けて3つあります。

1、支持(レスト)

2、維持(クラスプ先端)

3、把持(クラスプ腕部)

支持は咬む力に対抗するというものですが、咬む力をバネをかけた歯の垂直方向に力をかけることです。歯は揺さぶられるような横の力を嫌いますのでとても重要です。支持部分を担うのはレスト(バネのでべそ)部分になります。

バネのレスト部分で咬合力を分散させます。つまり入れ歯(義歯)の内面(歯茎部分)だけではなく、歯にも負担をさせることで、歯茎に食い込むような過重な負担をさけることができます。このことが入れ歯が当たって痛いということを防ぎます。

クラスプのレスト(バネのでべそ)部分の適合と大きさ、配置場所も重要です。これは入れ歯(義歯)の設計部分に関与します。

また、維持は入れ歯が外れない、把持は横揺れさせないというものです。

この3つの機能を1つのバネに埋め込んでいますが、1番重要なのは「支持」になります。

最初から入れ歯がゆるくて外れやすいとと不満になりますが、長年使用した入れ歯でバネがゆるいからといって不満を言う患者様は少ないです。

かえってバネがきつめに効いたりすると、痛い、出し入れがしずらいと不満をおっしゃることさえあります。

このことから、究極のことを言えば、入れ歯の内面がぴったりしていればバネの役割のほとんどは「支持」なんだなと私は感じています。

頻繁に落ちたり外れたりしない限り、患者様はお困りにならないのだと推察しています。

入れ歯で1番大事なことは「入れ歯が落ちたり、外れたりしない」ということではありません。バネ(クラスプ)をかけた歯が長期に渡り抜歯にならず、痛くなく、よく咬める入れ歯を装着することです。

歯科・山形県山形市南栄町の鈴木歯科クリニック