口を開くと痛い。開きにくい。大きく開けれない。(顎関節症)

口を開くと痛い。開きにくい。大きく開けれない。(顎関節症)

鈴木歯科クリニックでは月に1~2名ほど、口が開けられない。開くと痛いという患者様が来院されます。

この症状は顎関節症といって、

1、口をあけるときに痛い(関節痛)

2、口をあけるときにあごの骨が音がする。またはしていた(関節雑音)

3、大きく口を開けられない(運動障害)

の3つの症状があげられます。

 

こんな時には、マウスピースを入れて、顎関節への負担を弱くして、様子を見ます。

また態癖といって、顔周りに負担をかけている何気ないしぐさがないか調べます。

寝るときの枕や態勢、頬杖の他に、体育座りや、寝ながら漫画を読む。重たい物を片側で持つ。抱っこするなどもあります。

みなさん日頃の癖を見直してみましょう。

山形で歯医者・歯科医院をお探しの方は鈴木歯科クリニックにご相談ください。

虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・入れ歯などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒990-2445 山形県山形市南栄町1-3-33
TEL:0120-68-1855
診療時間:
午前-----9:00〜12:30
午後-----14:00〜18:45(土曜日は17:00まで )
休診日:木曜午後・日・祝日
駐車場有

  • 鈴木歯科クリニックスタッフブログ
  • 院長ブログ
  • 鈴木歯科クリニックインスタグラム
ページトップへ