歯がしみるとき、どんな治療になりますか?(知覚過敏)

歯がしみるとき、どんな治療になりますか?(知覚過敏)

寒くなってきた冬場の水道水や、暑い夏の冷えた飲み物やアイス!歯がしみてキーンと痛い事ありませんか?

この神経に刺さるような、歯の付け根がチクチク・キーンとする痛みは知覚過敏と言います。

この知覚過敏は歯医者も悩ませる症状の1つです。

その理由として、知覚過敏を止める完璧な治療がないからです。

治療法としては、

・知覚過敏予防ジェルを塗る

(効果は多少ありますが、少し和らぐ程度です。)

・知覚過敏予防の歯磨き粉を使用してもらう

(良くなることもありますが、どちらかというと今後悪くなるのを防ぐため)

・知覚過敏がある付け根に、詰め物をする

(効果はありますが、欠点も多くあります。すぐ取れてしまう。詰め物が変色する。逆に虫歯になるやすくなる。)

そして完全にしみるのをなくすためには、大きな虫歯でもないのに、歯を大きく削って、神経をとる治療をする事。

これはしみたのが消えたとしても、歯へのダメージが大きく、歯に栄養がいかず、もろくなるなめ、歯その物の寿命が短くなります。またもろい歯に強度を持たせるため、被せ物をします。費用と治療期間、そして歯の寿命まで短くなるので、おすすめは出来ません。

普段の歯磨きの仕方や、噛む力の分散などご自身で出来る事から予防していきましょう。

 

山形で歯医者・歯科医院をお探しの方は鈴木歯科クリニックにご相談ください。

虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・入れ歯などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒990-2445 山形県山形市南栄町1-3-33
TEL:0120-68-1855
診療時間:9:00~18:00
休診日:木曜午後・日・祝日
駐車場有

  • 鈴木歯科クリニックスタッフブログ
  • 院長ブログ
  • 鈴木歯科クリニックインスタグラム

スタッフブログ新着情報

ページトップへ