神経の治療をしている歯のつめていた薬が取れてきた?そのままにして大丈夫?

神経の治療をしている歯のつめていた薬が取れてきた?そのままにして大丈夫?

神経の治療をしている歯のつめていた薬が取れてきた?そのままにして大丈夫?

と、よく患者様から電話がきます。

答えは

神経の治療中は詰めていた薬が取れた場合には、すぐ来院してください。

 

なぜかというと、、、薬が取れて、神経が入っていた空洞に、唾液が入らないようにしたいからです。

唾液が入ってしまうと、細菌感染しやすく、再発のリスクにつながってしまうためです。

 

患者様の中にも、神経の治療途中に、歯医者さんに行けなくなってしまい、半年~1年放置してしまった!という方がまれにいらっしゃいます。

歯が残っていたとしても、歯の中が水分を含み、水辺にある木のようになってはその歯はもう治療ができません。

 

 

歯を長持ちさせるためには、神経の治療を何回も繰り返しせず、初めての神経の治療で完璧な治療が求められます。

この治療でいかに感染リスクを減らして治療できるか! そのため最近ではマイクロスコープ(拡大鏡)を使った自費診療が出てきたのです。

皆さんは再発してしまった時に、マイクロスコープで治すイメージがありますが、実はちょっと違います。

1番最初にマイクロスコープを使って、細かい部分までしっかり治療することで、その歯の寿命がグッと伸びるのです。

再発防止のキーポイントになります。

 

 

 

 

 

山形で歯医者・歯科医院をお探しの方は鈴木歯科クリニックにご相談ください。

虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・入れ歯などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒990-2445 山形県山形市南栄町1-3-33
TEL:0120-68-1855
診療時間:
午前-----9:00〜12:30
午後-----14:00〜18:45(土曜日は17:00まで )
休診日:木曜午後・日・祝日
駐車場有

  • 鈴木歯科クリニックスタッフブログ
  • 院長ブログ
  • 鈴木歯科クリニックインスタグラム
ページトップへ